トップぐるグルメ情報 > 朱華園

朱華園

全国的には朱華園(しゅかえん)、尾道では「朱さん」。
朱華園
朱華園
朱華園

 禅問答ではないが、尾道の老舗ラーメン店には、「尾道ラーメン」はない。昭和22年創業の朱華園も当然「中華そば」だ。
 店の入口には、食通として知られた作家・檀一雄が先代の朱華園のそばを食べて感激したという雑誌「旅」の記事を銅板(写真/左中)にして飾っている。
 先代の味が多くの尾道人を魅了していただけに、父の他界によりこの店を急きょ継ぐことになった二代目は大変だったに違いない。父から何も伝授されていなかったのだ。スープの分析、うまみや塩分の研究、台湾や香港まで出かけての味の探究に明け暮れたそうだ。
 初代の時代とは食材も違う。まして、人の味覚も時代とともに変化する。観光客と違って、尾道人にとっては「朱さんのそば」は日常の食事の選択枝の一つとして定着している。それだけに食べなれた味の微妙な変化には敏感だ。
 そんな店で吾輩のお薦めは、何といっても「チャーシュー麺」(写真/左上)だ。まず最初に麺を被うように重ねておかれたチャーシューの上ににじみ出た少し冷えたスープを飲む。次にチャーシューの下の熱々のスープに麺、そして絶妙な甘味のあるチャーシューを食するのだ。
 この店にはもう一つ、ちょっとボリュームのある「焼そば」もお薦めだ。言葉では説明しにくいが、この店独特の味付けにはきっと満足されることだろう。因にラーメン店が多い尾道で、自家製麺を作っているのは、この店だけだろう。
 オートマチックに作られる食べ物とは違い、「日によっては不出来のときもあります。そのときは御免なさい!」と二代目檀上さんの弁。尾道人が納得する「朱さんの中華そば」づくりに25年近く経った今も毎日が真剣勝負だという。朱華園には二代続く創業者がいる。

十四日元町4-12 TEL 0848-37-2077  P2台
営業時間 11:00〜20:00(売り切れ次第閉店)
定休日/木曜、第3水曜日




大きな地図で見る 

バックリンク(21) 参照(4476)

路地ニャンシャーロック
会計レジを見る








三井住友外貨宅配
メルマガ登録・解除


路地ニャン公の独り言
copyright bisansecession Powerd by