トップ国内外見聞録 > 東京見聞録(浅草の「鰻」編)

東京見聞録(浅草の「鰻」編)

美食家の池波正太郎が通ったという鰻屋を探し求めて...。
東京見聞録(浅草の「鰻」編)
東京見聞録(浅草の「鰻」編)
東京見聞録(浅草の「鰻」編)
国内外見聞録関連ページ
しまなみ海道・潮流体験 ナポリからプローチダ島へ 久保田彰チェンバロ工房 函館ひとり旅-その1 函館ひとり旅-その2 旭山動物園(その3) すし処 ひさ田 プローチダ島(その1) そば料理 福塩線 マテーラ(その2) マテーラ 「ヴェランダ」というカフェ プローチダ島(その2) 小泉淳作の「双龍図」 ボラボラ島(2) ボラボラ島(1) 美しい風景(その1) 東京の秋の色 バルトの宝石・琥珀 エストニア(その2) 秋色の大山 エストニア(その3) エストニア(その4) 隠岐島の印象 野外広告塔の海外事情 シャウレイの「十字架の丘」 バルト三国の石畳事情 バルトのウエイトレスたち 世界遺産の都市リガ カウナス 外交官・杉原千畝 美女の住む国 ヴィリニュス ヴィリニュス国際空港 ヘルシンキの雨 年越しの道後温泉 内子町のお正月(その1) 内子町のお正月(その2) 備中国分寺のお正月 猪熊弦一郎現代美術館 台湾のダイエットツアー(1) 台湾のダイエットツアー(2) 台湾のダイエットツアー(その3) 東京見聞録(築地編) 東京見聞録(浜離宮、浅草、原宿編) 熊本見聞録(その1) 東京見聞録(浅草の「鰻」編) 熊本見聞録(その2) 近江八幡の水郷めぐり 「風の音」(1) 風の音(2) 晩秋の仏通寺 八勝館(その1) 八勝館(その2) 八勝館(その3) 中富良野の山荘 新星館(その1) 新星館(その2) 横浜 旭山動物園と富良野の花たち(1) 大歩危という渓谷 バリ島とジャワ島の「千円商法」 セブ島の思い出 ラッフルズの「ロングバー」 上海見聞録 アユタヤの王国 湯布院の魅力 東京見聞録(浅草・神田編) 東京見聞録(神田神保町編) バンフとカナディアン・ロッキー ウルムチ(烏魯木斉)・トルファン(吐魯番) 吉野ケ里遺跡 ウィーンのお犬様 倉敷観光 三原・仏通寺観光 亀老山公園の恋人岬 竹原という日本の原風景 水無月の京都の美(1) 水無月の京都の美(2) ヘルシンキのムーミン 再び北欧の地へ エストニア(その1) 旭山動物園と富良野の花たち(2) 猪熊弦一郎現代美術館 函館ひとり旅ー特別編2 函館ひとり旅ー特別編 バンフとカナディアン・ロッキーのコピー 猪熊弦一郎現代美術館

 東京に行って何が楽しみかといったら、やはり江戸ッ子自慢の食事処で自慢の料理を食することだ。
 今度は何にするかとパラパラ雑誌をめくっていたら「鰻屋」が目に止まった。一つは上野・不忍池の南あたりの鰻屋、あと一つは浅草の駒形橋あたりの鰻屋だ。よく見ると駒形の鰻屋は小説家で美食家の池波正太郎お気に入りの食事処だという。
 すぐに決まった。「浅草に行こう!」と電車に乗って浅草に向かったが...。 慌て者でどこかオッチョコチョイな吾輩である。折角、雑誌をコピーして雷門からの道順を確認していたつもりが、そのコピーを鞄に入れたまま、持ってくるのを忘れてしまった。
 雷門には交番がある。そこで聞けばいいではないか、と思ったが、鰻屋の店名を覚えていない。確か浅草でも老舗の「鰻屋」だったなぁ。それだけならまだ良いが、池波正太郎の名前までド忘れしてしまって...トホホ。
 結局、「あの..アソこはどこ?」というようなトンチンカンな質問は、吾輩のプライドが許さずできぬ話だ。
 そんなことで、おぼろげながら覚えていた地理的イメージを便りに店を探すことにした。あのアサヒビールの雲があるところよりは南側で、隅田川の西側あたり... 。自転車に乗っているご婦人を見つけ尋ねた。「このあたりで、鰻屋の老舗を知りませんか。名前を知らないんですが...」「鰻屋さんはこのあたりに確か二軒くらいありますが、アソコとアソコ。でもお探しの店かどうか...」
 自信はなかったが、最初に教えてもらった店の構えはどことなく風格があり、ここだと直感した。二階に通され、部屋から見える隅田川風景が雑誌で見たものと同じような感じがして、ますますここだと自信を持った。

 さて、何にするかと「おしな書き」を眺めてみると、前川(12,600円)、雪扇(8,400円)、月の舞(12,600円)、花冠り(17,850円)、蒲焼 天然鰻(時価)..とあり、やっと吾輩でも食せる値段の「蒲焼」と「うな重」を見つけた。
 この際、清水の舞台から飛び下りる覚悟で贅沢するかと思ったが、今は身分相応にジッと堪え、それでも少し背伸びの「うな重」(写真/左上 4,725円)と「春の恵み盛り合わせ」(写真/左中 1,680円)を注文した。
 ちなみに「春の恵み」とは、うどのキンピラ、筍、鮭(?)で巻いた菜の花にふき煮、なかなか美しく春の先取り、御主やるなぁと云ったところか。
 ホテルに帰りコピーを見たら、やはりこの「駒形 前川」が池波正太郎お気に入りの鰻屋だと分った次第。小生も、いつか、前川の天然鰻の蒲焼(予約要)を食してみたいと思うのだが...。



バックリンク(10) 参照(8640)

路地ニャンシャーロック
会計レジを見る








三井住友外貨宅配
メルマガ登録・解除


路地ニャン公の独り言
copyright bisansecession Powerd by