トップ > 030 尾道ファン倶楽部 > 桐山建志

桐山建志

(きりやまたけし)バロックヴァイオリニスト
桐山建志




尾道ファン倶楽部・特別会員

【略歴】

長野県出身。 3才より才能教育(スズキメソード)でヴァイオリンを始める。 1978年よりたにしの会に入会、小山清茂氏の元で日本和声による作曲の勉強を始める。
1986年東京藝術大学入学。1988年第3回練馬区新人演奏会出演、優秀賞受賞。 1990年東京藝術大学卒業(J.S.バッハのシャコンヌ)。NHK洋楽オーディション合格、FM新人デビューリサイタル出演。東京芸術大学同声会主催卒業生演奏会出演、テレビ信州主催新人演奏会出演。1992年東京藝術大学大学院修士課程修了(ブラームスのヴァイオリン協奏曲と、ヨーゼフ・ヨアヒム)。アンサンブル・ムジカと、ブラームスのヴァイオリン協奏曲を協演。
第2回日本室内楽コンクール入選。スイスにおいてメロス弦楽四重奏団のマスターコース修了。1993年5月より1995年9月まで、神戸室内合奏団の首席奏者を務める。
1994年11月アンサンブル・ヴォルフィーと、ベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲を協演。
1995年9月より、フランクフルト音楽大学に留学。1996年及び97年、Michaelsteinにおけるサマーコースに参加、Anne Rohrig氏にバロックヴァイオリンの指導を受ける。
1997年、TrossingenにおいてFrancois Fernandezのマイスターコースに参加。 1998年、第12回古楽コンクール「山梨」第1位。第10回栃木「蔵の街」音楽祭賞受賞。
フランクフルト音楽大学卒業。1999年4月より2001年3月まで、フランクフルト音楽大学古楽科に在籍。1999年ブルージュ国際古楽コンクールソロ部門第1位。1999年及び2000年東京ポップスオーケストラのメンバー。2000年春、富山、松本、東京で、初リサイタルを開催。秋には初のソロCD、「シャコンヌ」をリリース。
2001年、La Fete Galante、オーケストラ・シンポシオンの初CD、コンヴェルスム・ムジクムの2枚目のCDを発売。以降、コジマ録音より多数のCDをリリース。 2001年より、フェリス女学院大学音楽学部オルガン科非常勤講師。
2005年第19回古楽コンクール「山梨」で、審査員を務める。2008年より愛知県立芸術大学准教授。
現在、「オーケストラ・シンポシオン」のコンサートマスター、「エルデーディ弦楽四重奏団」ヴィオラ奏者。 また1999年、バロック室内楽グループ「ラ・フェート・ギャラント」を結成、2000年6月には、武久源造、諸岡範澄の両氏を中心に「コンヴェルスム・ムジクム」を結成した。
1978〜95年まで、作曲集団「たにしの会」会員。日本和声に基づいて、室内楽作品などを作曲。主な作品は、弦楽四重奏曲(2曲)、フルート四重奏曲、木管五重奏のための「かごめ変奏曲」。
これまでに、ヴァイオリンを 鳥羽 尋子、天満 敦子、岡山 潔、Walter Forchert 、バロックヴァイオリンを Anne Roehrig、Mary Utiger、室内楽を 岡山 潔、Hubert Buchberger、Michael Schneider の各氏に師事。 作曲を小山清茂氏に師事。



左のYou Tube(2007年6月撮影)の演奏者は、ほかにチェンバロの武久源造、チェロの十代田光子(そしろだ みつこ)、第2ヴァイオリン大西律子である。



バックリンク(13) 参照(4137)

路地ニャンシャーロック
会計レジを見る








メルマガ登録・解除


路地ニャン公の独り言
copyright bisansecession Powerd by