トップ尾道見聞録 > 毛糸屋の毛糸看板

毛糸屋の毛糸看板

毛糸屋の看板に入っているその数は三百個。
毛糸屋の毛糸看板
毛糸屋の毛糸看板
毛糸屋の毛糸看板
尾道見聞録関連ページ
プリミティブ・モアレ(その2) これが尾道弁じゃ 凹みの美学(3) 凹みの美学(2) 甦ったフェアレディZ432 尾道のピアノ3台物語 長寿ピアノの秘けつ 尾道の巨大なジャスミナム 尾道が「おいしい」事情 尾道のフィレンチェ 川口協治の四コマ漫画 プリミティブ・モアレ(その1) くねくね坂道アート道 凹みの美学 尾道夏祭り「住吉花火大会」 西御所ウォーターフロント 尾道歴史年表 尾道白樺美術館が閉館 小田原散髪店 工房おのみち帆布 尾道東高等学校の正門 向島洋らんセンター 尾道の夏祭り「水祭り」 高見山の風景は「これはもう尾道の宝物」 宮邊海産の洋館 丸万蒲鉾店 魚市場跡の石畳 尾道の冬桜 ちょっと気になる風景(5) 尾道水道、初冬の夕暮れ 小林和作とは 岩屋山から見る尾道夕暮れ ファインダーの中の写真家 尾道中央桟橋 灰屋・橋本家の壁 スリムな家 万年筆の生け簀(す) (ぼたん) ちょっと気になる風景(6) 備三タクシー(株)の公式HP シュガーシャック 尾道夏祭り「祇園祭三体神輿」 ちょっと気になる尾道風景(2) ちょっと気になる尾道風景(3) ちょっと気になる尾道風景(4) なかた美術館 なかた美術館第四展示室 天の邪鬼 浄土寺の庭と露滴庵 SECESSION) タヌキの「ぽんた」 「坂の陸橋」 尾道クレーン物語 和紙専門の「佐藤紙店」 常称寺の山門 常称寺の屋根瓦 浄土寺の初護摩 防地川の石垣 艮神社の大楠 周六(その2) 時計屋の時計看板 尾道水道の浮きドック 尾道水道の浮きドック(その1) 吉源酒造場 防地口の風景 木製電信柱の危機 毛糸屋の毛糸看板 尾道水道の浮きドック(その2) 金剛院の烏天狗 西郷寺 天寧寺の牡丹(2007年) 尾道学寮物語 ちょっと気になる尾道風景(7) 小田原散髪(その2) 真夏の尾道 なかた美術館のチェンバロ 西國寺の櫻 にぎり佛 尾道の「臍(へそ)」 夜の住吉浜公衆電話室 箱入り金木犀 天寧寺2008年 自転車にも天国と地獄 緑豊かな家 なかた美術館の庭園 尾道の如雨露(じょうろ) なかた美術館第一・第二展示室 なかた美術館第三展示室 尾道水道という名の海 空家の秋 尾道ファン倶楽部 これぞ電信柱の原形 小田原俊幸の散髪道 住吉浜公衆電話室 尾道七佛めぐり ちょっと気になる尾道風景(1) 夕暮れ尾道 尾道に住みついたフェアレディZ432 尾道ぽっぽ新聞 がんぼう尾道ラーメン ◎◎おこのみ店

 尾道市の本通りにもユニークなデザインの看板に出会う。「毛糸」という文字のアクリルケースにカラフルな毛糸が入っているのだ。おまけに棒針もついている。
 実はこれ、創業が昭和二十年頃という「ひばり毛糸店」の看板だ。創業当時は(株)中国毛糸といい、卸業だったが、昭和二十八年に小売業になり、中国センイとひばり毛糸店の二店舗(隣同志)になった。この時に最初の看板ができたが、現在のものは、手編みが盛んになった十年前に毛糸と棒針を追加したという代物だ。
 看板に入っている毛糸は純毛、アクリルなど、その数は三百個。この看板を見た旅行者、子供達はとても喜ぶそうだ。大笑いして通り過ぎたり、写真を撮らせて欲しいと言う人もいる。店内は開け広げた状態で、毛糸をはじめ、手編み・機械編みに必要な物は全て揃えてある。
 客層は若い人から九十代のひとまでと幅広い。また、遠方の人には荷作りして出荷する。尾道は造船の町、中国、韓国、ロシアなどの船員さんがお土産にと安いモヘアや針などを求めてやってくる。
 この店の二階は「ひばりスクール」という編物教室にもなっていて、OLや看護婦さんと生徒も多彩だ。クリスマス前、バレンタイン前は沢山の生徒さんが大集合。生徒さんや店員さんの作品が店内に展示販売されるのだ。ちなみに生徒さんが編んで余った毛糸も看板のケースに入っていて、必要になったので取り出して欲しいということもあるという。
このお店、皆に「幸せのフク」を売る店のようだ。


バックリンク(10) 参照(4337)

路地ニャンシャーロック
会計レジを見る








三井住友外貨宅配
メルマガ登録・解除


路地ニャン公の独り言
copyright bisansecession Powerd by