トップ国内外見聞録 > 水無月の京都の美(2)

水無月の京都の美(2)

京都の美・味・求・心の旅.........陶芸家・猪飼祐一氏を訪ねた。
水無月の京都の美(2)
水無月の京都の美(2)
水無月の京都の美(2)
国内外見聞録関連ページ
しまなみ海道・潮流体験 ナポリからプローチダ島へ 久保田彰チェンバロ工房 函館ひとり旅-その1 函館ひとり旅-その2 旭山動物園(その3) すし処 ひさ田 プローチダ島(その1) そば料理 福塩線 マテーラ(その2) マテーラ 「ヴェランダ」というカフェ プローチダ島(その2) 小泉淳作の「双龍図」 ボラボラ島(2) ボラボラ島(1) 美しい風景(その1) 東京の秋の色 バルトの宝石・琥珀 エストニア(その2) 秋色の大山 エストニア(その3) エストニア(その4) 隠岐島の印象 野外広告塔の海外事情 シャウレイの「十字架の丘」 バルト三国の石畳事情 バルトのウエイトレスたち 世界遺産の都市リガ カウナス 外交官・杉原千畝 美女の住む国 ヴィリニュス ヴィリニュス国際空港 ヘルシンキの雨 年越しの道後温泉 内子町のお正月(その1) 内子町のお正月(その2) 備中国分寺のお正月 猪熊弦一郎現代美術館 台湾のダイエットツアー(1) 台湾のダイエットツアー(2) 台湾のダイエットツアー(その3) 東京見聞録(築地編) 東京見聞録(浜離宮、浅草、原宿編) 熊本見聞録(その1) 東京見聞録(浅草の「鰻」編) 熊本見聞録(その2) 近江八幡の水郷めぐり 「風の音」(1) 風の音(2) 晩秋の仏通寺 八勝館(その1) 八勝館(その2) 八勝館(その3) 中富良野の山荘 新星館(その1) 新星館(その2) 横浜 旭山動物園と富良野の花たち(1) 大歩危という渓谷 バリ島とジャワ島の「千円商法」 セブ島の思い出 ラッフルズの「ロングバー」 上海見聞録 アユタヤの王国 湯布院の魅力 東京見聞録(浅草・神田編) 東京見聞録(神田神保町編) バンフとカナディアン・ロッキー ウルムチ(烏魯木斉)・トルファン(吐魯番) 吉野ケ里遺跡 ウィーンのお犬様 倉敷観光 三原・仏通寺観光 亀老山公園の恋人岬 竹原という日本の原風景 水無月の京都の美(1) 水無月の京都の美(2) ヘルシンキのムーミン 再び北欧の地へ エストニア(その1) 旭山動物園と富良野の花たち(2) 猪熊弦一郎現代美術館 函館ひとり旅ー特別編2 函館ひとり旅ー特別編 バンフとカナディアン・ロッキーのコピー 猪熊弦一郎現代美術館

 今回のツアーには、「京都の美・味・求・心の旅」というテーマがあったが、日本の美と置き換えても問題はないだろう。その一つが、京都国立近代美術館で開催されていた特別展<生誕120年藤田嗣治展>だった。
 抜けるような乳白色の肌に極めて繊細で大胆な一本の線で描かれた裸婦の輪郭があまりにも印象深いんだニャン。フジタの心の奥底にある日本人の繊細な美意識が生きているのだと感心したのだが...。それにしてもフジタは猫が好きだったんだねぇ。
 ヨーロッパでは作品をゆっくりデジカメで記録できたが、ここ日本では許されない。厳しい規制もあるのだが、見学者が余りにも多く、物理的にも不可能なんだな。そんなわけで遺憾ながらお見せできない。まっ、この秋には広島県立美術館でも開催されるというから、是非ともご覧くだされい。
 そして翌日、吾輩たちは京都の清水寺に通じる茶わん坂の陶芸家・猪飼祐一(いかい ゆういち)氏(写真/上)のお店を訪ねた。初めてお会いした猪飼氏は実に誠実な方で、その作品には吾輩も魅了されてしまった。
 

<猪飼祐一氏の履歴>
●日本工芸会正会員
1963年京都生まれ。1983年京都府立陶工訓練校成形科卒業。1986年より人間国宝清水卯一氏の指導で自宅に喜兵衛窯を開窯。清水保孝氏に師事。1987年日本伝統工芸近畿展で 松下幸之助記念賞を受賞。1996年京都府船井郡日吉町に工房を竣工。



バックリンク(19) 参照(3283)

路地ニャンシャーロック
会計レジを見る








三井住友外貨宅配
メルマガ登録・解除


路地ニャン公の独り言
copyright bisansecession Powerd by