トップ路地(露地) > 浮御堂小路

浮御堂小路

(うきみどうしょうじ)平安初期の古い参道といわれているが...。
浮御堂小路
浮御堂小路
浮御堂小路
 土堂1丁目、2丁目、東土堂、西土堂という「土堂(つちどう)」は、昔使われた町名である。その由来は、辻にお堂があったことから「辻堂」と呼ばれ、「土堂」に訛ったものだという。
 その土堂で有名な路地といえば、浮御堂(うきみどう)小路。古くは平安初期の807年(大同2年)、海沿いに水観音が現れたといって、海辺に小さな堂を建て、加持祈祷していたらしい。
 尾道の名が古文書に登場するのが平安中期の1081年(「尾道浦「西國寺文書)というから、気が遠くなるほど古い話だニャン。いわゆる修験道が尾道に伝えられた始まりだそうだ。
 そのお堂が海の中に浮いて見えたことから、「浮御堂」と呼ばれ、その参道を「浮御堂小路」というのだそうだ。
 土堂本通りを歩いていたら、宮地ラーメンの角にこの道標があるものだから、てっきり海岸通りに抜けるタテの路地だと思っていたら、大間違い!
 吾輩が入手している資料を見ると全然違うのだ。正真正銘の浮御堂小路は、タテ筋の路地のまん中あたりにあるお稲荷さんから西の、東西に走るヨコ筋の路地のようだ。
 といっても、左記の写真は、お稲荷さんの1〜2m上の東西に走る路地で、これがその参道だったかどうかは、自信が持てないが...。何せ、その当時、このあたりは海だったのだろうからねぇ。
 この浮御堂は海岸通りのセブンイレブン(原田酒店)の駐車場から尾道駅よりにある村上釣具店の間の北側(山側)にあったと云われている。

 余談だが、お稲荷さんの前に立つと、何だか妙な感じがするのだニャン。コンクリートの電信柱が、一坪も満たない小さな境内の中にまるで御神体よろしくドッシリ構えて居座っているのだ。


路地の情報
名称
浮御堂小路
長さ
動線種類直線
直線
方向
横軸(東西)
こう配平坦
平坦
舗装地道
アスファルト
両側の建物
両側木造

舗装の年季度
生活臭
尾道的風情度

バックリンク(12) 参照(4049)

路地ニャンシャーロック
会計レジを見る








三井住友外貨宅配
メルマガ登録・解除


路地ニャン公の独り言
copyright bisansecession Powerd by