トップ国内外見聞録 > 湯布院の魅力

湯布院の魅力

路地ニャン公お気に入りの<ふゆいん>とは...。
湯布院の魅力
湯布院の魅力
湯布院の魅力
国内外見聞録関連ページ
しまなみ海道・潮流体験 ナポリからプローチダ島へ 久保田彰チェンバロ工房 函館ひとり旅-その1 函館ひとり旅-その2 旭山動物園(その3) すし処 ひさ田 プローチダ島(その1) そば料理 福塩線 マテーラ(その2) マテーラ 「ヴェランダ」というカフェ プローチダ島(その2) 小泉淳作の「双龍図」 ボラボラ島(2) ボラボラ島(1) 美しい風景(その1) 東京の秋の色 バルトの宝石・琥珀 エストニア(その2) 秋色の大山 エストニア(その3) エストニア(その4) 隠岐島の印象 野外広告塔の海外事情 シャウレイの「十字架の丘」 バルト三国の石畳事情 バルトのウエイトレスたち 世界遺産の都市リガ カウナス 外交官・杉原千畝 美女の住む国 ヴィリニュス ヴィリニュス国際空港 ヘルシンキの雨 年越しの道後温泉 内子町のお正月(その1) 内子町のお正月(その2) 備中国分寺のお正月 猪熊弦一郎現代美術館 台湾のダイエットツアー(1) 台湾のダイエットツアー(2) 台湾のダイエットツアー(その3) 東京見聞録(築地編) 東京見聞録(浜離宮、浅草、原宿編) 熊本見聞録(その1) 東京見聞録(浅草の「鰻」編) 熊本見聞録(その2) 近江八幡の水郷めぐり 「風の音」(1) 風の音(2) 晩秋の仏通寺 八勝館(その1) 八勝館(その2) 八勝館(その3) 中富良野の山荘 新星館(その1) 新星館(その2) 横浜 旭山動物園と富良野の花たち(1) 大歩危という渓谷 バリ島とジャワ島の「千円商法」 セブ島の思い出 ラッフルズの「ロングバー」 上海見聞録 アユタヤの王国 湯布院の魅力 東京見聞録(浅草・神田編) 東京見聞録(神田神保町編) バンフとカナディアン・ロッキー ウルムチ(烏魯木斉)・トルファン(吐魯番) 吉野ケ里遺跡 ウィーンのお犬様 倉敷観光 三原・仏通寺観光 亀老山公園の恋人岬 竹原という日本の原風景 水無月の京都の美(1) 水無月の京都の美(2) ヘルシンキのムーミン 再び北欧の地へ エストニア(その1) 旭山動物園と富良野の花たち(2) 猪熊弦一郎現代美術館 函館ひとり旅ー特別編2 函館ひとり旅ー特別編 バンフとカナディアン・ロッキーのコピー 猪熊弦一郎現代美術館

 三度目の湯布院ではあったが、今回ほどホンモノの湯布院を感じた旅はなかった。それは同時に、悲しいことだが、エセ湯布院を見る旅でもあったが...。

 上っ面の経済に媚び、どこにでもある薄っぺらな観光客目当ての「みやげ物」屋が軒を並べ、人が群がる。吾輩の仲間を売り物にした猫の館やテディベア館。どうしてこれが湯布院なのだか判らないが。
 それだけに奥に秘めた厚味のある湯布院が対比され、印象深かったのかも知れない。吹く風が心地よく、菜の花の黄、ざわめく木々の緑、小川のせせらぎ、満喫するに十分なほんものが湯布院にはある。(写真/上は湯布院の菜の花 2000年4月22日撮影)

 尾道から猛スピードで車を走らせ5時間あまり、この特急電車だともっと楽だった?!(写真/中は特急ゆふと湯布院駅舎)
噂に聞いていた建築家・磯崎 新の設計による湯布院ステーションは、お瀟洒なつくりで実にいいねぇ。それにしても、このデザインが影響したのか、タクシードライバーの制服は、さしずめシティホテルのベルボーイといったところ。お客様をお迎えするのだというこの町のホスピタリティの現れ(?)と感心したのだ。
 そして、町をさまようと、ほっかほかの「お焼き」にも巡り合える。「おばちゃんのお焼き屋」といったら、道を教えてくれるだろう。但し、「今日はやっているかなぁ」とは、道案内の人が異口同音にいう言葉だ。もちろん、味は吾輩が保証するが。

 湯布院の本物嗜好は民宿やペンションにも感じられるところ。民宿の「天日(てんにち)」とペンション「麓舎(ふもとや)」はその代表格だ。
民宿「天日」は、四代続く宮大工のおじいちゃんが一人で建てたものだという。建材はさして良いものを使っているとは思わないが、そのしつらえはセンスが実にイイ。料理をはじめとして、旅館と名の付くところが恥ずかしくなるのでは、と思われるほどなのだ。
 この民宿が紹介してくれた、バーも大いに気に入ってしまった。経済をこえるとはこのことで、京都の蒔絵師がつくったという蒔絵美術館の2階にある。こんなバーが尾道にでもあったら、吾輩は毎日通い詰めとなり身がもたなくなってしまうニャン。このバーは、湯布院のゲストホールというところか。

 喫茶店では何といったって、「天井桟敷」(写真/下)と「タンズ・バー」。「天井桟敷」はもちろん、その名の通り、天井が低く、吾輩でも気をつけないと思わず、ゴツンとぶつけてしまいそう。アームチェアに深々と身体を委ね、コーヒーと「モン・ユフ」を注文。これがまた実においしいのだ。「モン・ユフ」とは由布岳を意味しているのだが、くどくど説明はしない。
 広いガラス窓越しに木々が風に揺れ、流れる賛美歌が心和ませる。日向ぼっこしまどろむ猫の境地がここにはあるのだ。湯布院に流れる時間、それは信じいがたいほど豊かだった。


バックリンク(15) 参照(3809)

路地ニャンシャーロック
会計レジを見る








三井住友外貨宅配
メルマガ登録・解除


路地ニャン公の独り言
copyright bisansecession Powerd by