トップ路地(露地) > 石屋小路

石屋小路

かつては石屋が集中した路地だという....。
石屋小路
石屋小路
石屋小路
 国道2号線沿いにある笠井外科病院の東側に久保本通りに抜ける道(常称寺大門)がある。この道はかつては常称寺本堂まで続く参道で、中央には未だ重要文化財の指定を受けてはいないが、室町時代(1353年)に建てられた常称寺山門がある。
 この門をくぐり、さらに久保本通りを横切ると石屋小路と呼ばれる路地に出る。この路地の先は新開という歓楽街の一角にある突き当たるのだ。
 石屋町は、この石屋小路や常称寺大門から東側の地域を呼び、かつてはその両側に石屋が軒を列ねていたことからその名がついたという。
 現在の石屋町は海から遠く離れているが、16世紀の古には、この付近まで海であったため、石材の積み込みが便利であったという。
 大正4年発刊の「尾道案内」によると、当時の久保町(現・久保1〜3丁目)には14軒の石細工の店があり、その大半がこの路地にあったと思われる。残念ながら、今ではその面影は全く見られない。
 尾道の石工の技術は相当優れていたらしく、尾道の石を切り出し大阪城の石垣に使われたと伝えられ、さらには天正17年(1589年)の広島城築城に際して、尾道の石工が広島に移住し「尾道村」を形成したとも云われている。  尾道町の随所には、その手腕を偲ぶに相応しい様々な石造作品が今も見られるので、吾輩の新たな被写体として、後日みなさんにご紹介しよう。

 1821年(文政4年)の古地図のコピーが吾輩の手に入った。それによると、「石屋町」はこの小路から東側、そしてこの小路を北に上がり今の久保本通りを右折したあたりの広い地域を「石屋町」と呼んでいたようで、地図には石屋源三郎、石屋助四郎、石屋友八、石屋五郎兵衛等々の名前が連なっている。

路地の情報
名称
石屋町
約2.2m
長さ
約56m
動線種類直線
ほぼ直線
方向
タテ軸(南北)
こう配平坦
ゆったりとした坂
舗装地道
アスファルト
両側の建物
モルタル、木造、鉄筋コンクリート

舗装の年季度
生活臭
尾道的風情度

バックリンク(9) 参照(3145)

路地ニャンシャーロック
会計レジを見る








三井住友外貨宅配
メルマガ登録・解除


路地ニャン公の独り言
copyright bisansecession Powerd by