トップ路地(露地) > 米場町

米場町

(こめばちょう)とっておきのレトロな建物がちらほらと...。
米場町
米場町
米場町
 今から250年ほど前を想像して見てはいかがだろうか。漱石先生に紹介いただいたもっとも有名な吾輩の祖先も生まれていない、チョンマゲの江戸時代にタイムスリップしなければならない。
 当時の尾道は北前船をはじめ、多くの船が入港していた。そしてこの界隈は、現在の尾道市立「おのみち博物館」の西側の前当たりから、 水尾町小路の南どまりから東へ行き新開どまり、さらにこれを南行して黒門(現在の高亀医院の亀を連想させる建物あたり)どまりの入り江があったという。
 そして1755年に埋め立てられたのが今の米場町ということだ。この埋め立て地に当時から米市が建っていたので、「米新地」「米場町(こめばちょう)」と呼ばれるようになった。
 それから百年余が経ち、1888年には高商年修了者を入学資格とする修業年限4か年の公立尾道商業学校(現広島県立尾道商業高校)もこの地に開校された。
 今では2軒の米屋しか残っていないが、この通りには、多くのレトロな建築物が点在している。西の入口には海産物問屋・村上商店のレンガ築きの三階建てで、最上階が蔵になった不思議な建物(写真/中)。数年前までこのレンガ壁に密着して、猫の額ほどの「だるまや」というのこぎり屋があった。
 さらにちょっとレトロな新喜農機具店、その先には1904年(明治37年)に建てられた写真(下の上段)の元住友銀行尾道支店(全国で神戸支店と尾道支店が最初につくられた。)、1909年(明治42年)の創業以来この地にあるという向酒店そして現在の「おのみち博物館」などなど。
 この通りから本通りに多くの路地が抜けている。

 余談になるが、「おのみち博物館」(写真/下の下段)は旧広島銀行尾道東支店であったが、そのルーツは、1923年(大正12年)に尾道銀行本店として建てられたもの。周辺には住友銀行を筆頭に、第六十六銀行、尾道貯蓄銀行などが軒を列ねていたようだ。現在の尾道市役所や公会堂は埋め立て地に建てられたもので、この一帯が昭和40年代まで「銀行浜」と呼ばれていたのはそのためだ。


路地の情報
名称
米場町
約4.1m
長さ
約151m
動線種類直線
直線
方向
ヨコ軸(東西)
こう配平坦
平坦
舗装地道
アスファルト
両側の建物
鉄筋、モルタル、レンガに木造

舗装の年季度
生活臭
尾道的風情度

バックリンク(11) 参照(5716)

路地ニャンシャーロック
会計レジを見る








三井住友外貨宅配
メルマガ登録・解除


路地ニャン公の独り言
copyright bisansecession Powerd by