トップ国内外見聞録 > 美しい風景(その1)

美しい風景(その1)

世の中、美しいものが無くなったとしたら...、
美しい風景(その1)
美しい風景(その1)
美しい風景(その1)
国内外見聞録関連ページ
しまなみ海道・潮流体験 ナポリからプローチダ島へ 久保田彰チェンバロ工房 函館ひとり旅-その1 函館ひとり旅-その2 旭山動物園(その3) すし処 ひさ田 プローチダ島(その1) そば料理 福塩線 マテーラ(その2) マテーラ 「ヴェランダ」というカフェ プローチダ島(その2) 小泉淳作の「双龍図」 ボラボラ島(2) ボラボラ島(1) 美しい風景(その1) 東京の秋の色 バルトの宝石・琥珀 エストニア(その2) 秋色の大山 エストニア(その3) エストニア(その4) 隠岐島の印象 野外広告塔の海外事情 シャウレイの「十字架の丘」 バルト三国の石畳事情 バルトのウエイトレスたち 世界遺産の都市リガ カウナス 外交官・杉原千畝 美女の住む国 ヴィリニュス ヴィリニュス国際空港 ヘルシンキの雨 年越しの道後温泉 内子町のお正月(その1) 内子町のお正月(その2) 備中国分寺のお正月 猪熊弦一郎現代美術館 台湾のダイエットツアー(1) 台湾のダイエットツアー(2) 台湾のダイエットツアー(その3) 東京見聞録(築地編) 東京見聞録(浜離宮、浅草、原宿編) 熊本見聞録(その1) 東京見聞録(浅草の「鰻」編) 熊本見聞録(その2) 近江八幡の水郷めぐり 「風の音」(1) 風の音(2) 晩秋の仏通寺 八勝館(その1) 八勝館(その2) 八勝館(その3) 中富良野の山荘 新星館(その1) 新星館(その2) 横浜 旭山動物園と富良野の花たち(1) 大歩危という渓谷 バリ島とジャワ島の「千円商法」 セブ島の思い出 ラッフルズの「ロングバー」 上海見聞録 アユタヤの王国 湯布院の魅力 東京見聞録(浅草・神田編) 東京見聞録(神田神保町編) バンフとカナディアン・ロッキー ウルムチ(烏魯木斉)・トルファン(吐魯番) 吉野ケ里遺跡 ウィーンのお犬様 倉敷観光 三原・仏通寺観光 亀老山公園の恋人岬 竹原という日本の原風景 水無月の京都の美(1) 水無月の京都の美(2) ヘルシンキのムーミン 再び北欧の地へ エストニア(その1) 旭山動物園と富良野の花たち(2) 猪熊弦一郎現代美術館 函館ひとり旅ー特別編2 函館ひとり旅ー特別編 バンフとカナディアン・ロッキーのコピー 猪熊弦一郎現代美術館

 世の中に美しいものが無くなってしまったら...生きて行けない!!
 猫に「美しいもの」が見えるのか?って云いたいのだろうけど、「人間より動物の方がずっ〜と良く見える」というのが吾輩の最近の持論だニャン。
 「自然ほど美しいものはない」、という確信は遠くカナディアンロッキーの山々や湖、荒野のモニュメントバレー、タヒチのボラボラ島やパラオの海を見るまでもなく、四季折々の頭上の空を眺めることで容易に納得いくと思うのだが...。しかし、人間の中にも「素晴らしく美しいもの」を自らの手で、自らの感性で創造する凄い人たちが居る。絵画然り、音楽然り、写真や文学においても然り。
 ところが、である。近頃、その「美しい」ものの価値(基準)が、人間世界では千差万別で、無心に見て涙を流し、無心に聴いて感動する美しさという、単純明解な価値基準がどこか遠くにふっ飛んでしまったらしいと気が付いた。
 動物には空気や水が濁って死に絶えていく種族が沢山あるが、ある種の人間は「美しい」ことがわからなくても生きていけるという事実に、吾輩はようやくにして気が付いた。
 何でこんな訳のわからぬ話になるのか、吾輩も判然としないが、まっ、いいではないか。美しい花や風景を愛でながら幸せになる人々もいる。
 そんな人には猫もシッポを振りたくなるのだ。

 左の写真(上・中)は吾輩の好きな花の一つ、紫陽花である。この紫陽花は、神の国・出雲國と同様、大きな勢力を誇っていた古代吉備國の吉備津神社(桃太郎のモデルといわれる吉備津彦命を祀る古社)に咲いていた由緒正しき花。
 そして写真(下)は、吉備路の象徴ともいえる華麗な美しさを見せる国分寺の五重塔と可憐なコスモスというわけだ。美しさに胸がキューンとなるのは吾輩だけではないだろう...。


バックリンク(8) 参照(5721)

路地ニャンシャーロック
会計レジを見る








三井住友外貨宅配
メルマガ登録・解除


路地ニャン公の独り言
copyright bisansecession Powerd by