トップ > 030 七佛めぐり > 西國寺

西國寺

(さいこくじ)健脚でより美しく!
西國寺
西國寺

<開運>健脚祈願

真言宗醍醐派大本山
 往古より健脚の寺として老若男女の参拝が絶ず、仁王門の大草履をはじめ、願立ての証の大小の草履がところ狭しと奉納されている。健康維持のウォーキング前に、まずは仁王門の大草履に健脚を願い、門をくぐると効果バツグン。108段の大石段も難なく登れる。金堂右奥の地蔵尊(子授け地蔵さん)は、子宝祈願で有名。
春には本堂から山門に至る大石段には満開の桜が美しく、ライトアップされる夜に本堂前の境内を散策するのも魅力的だ。

代表的寺宝
金堂(国重文)・三重塔(国重文)・釈迦如来像(国重文)・仁王門(県重文)

御本尊
薬師如来(七佛薬師・おやくしさん)

開山・創建
天平年間(729〜748) 行基菩薩の創建

寺縁起
 摩尼山総持院 西國寺は行基菩薩の創建と伝えられ、その後三百余年を経た治暦二年(1066年)炎上、本堂、五重塔、本尊薬師如来も焼失した。その後、永保二年(1082年)慶鑁上人により中興。
 本尊には讃岐(香川県)善通寺の七佛薬師の一体を金堂に安置、これが現在の本尊 薬師如来である。白河院の庇護を受け、天仁元年に勅願寺となり、院政全盛期には官寺として栄えた。ka

西國寺情報
(1)毎朝9時より不動明王の日々護摩(一般参加可能)(2)初祈祷柴燈大護摩供火生三昧(火渡り)大祈願際(1月8日)(3)星供節分會(豆まき)(2月3日)(4)大石段の桜並木(3月下旬〜4月初旬)(5)持佛堂前の枝垂れ桜(4月上旬〜中旬)(6)境内全域の紫陽花(6月中旬〜下旬)(7)タンク岩(映画ロケ地)(8)西國寺精進料理(要予約(9)拝観可能(500円)(10)中国観音霊場札所(11)中国薬師霊場札所

722-0044
尾道市西久保町29-27
TEL 0848-37-0321 FAX 0848-37-0615


大きな地図で見る

バックリンク(10) 参照(4197)

路地ニャンシャーロック
会計レジを見る








メルマガ登録・解除


路地ニャン公の独り言
copyright bisansecession Powerd by