トップ路地(露地) > 西橋町

西橋町

西橋町は「西京町」と書く説もあるが、どちらが....。
西橋町
西橋町
西橋町
 読んで字の如しというけれど、「西京町」あるいは「西橋町」といわれるこの路地には、名前の由来が二通りあるという。
 荒神堂通りの一つ西のこの通りは、海岸通りでは金尾果物店、本通りでは元「福屋カバン店」を結ぶ南北に通じる路地である。
 尾道町には寺が多いので、西の京都の意味から「西京町」という説と、この付近は「西灰屋」という店があったが、それは豪商「灰屋」の橋本家の一族で、江戸時代に尾道町の組頭を務めた家であり、「西の橋本」が省略されたものであるという説である。
 吾輩としては、この付近にあったとされる「西の橋本」に由来した名前が有力であると思うのだが...。
 ともかくも、この路地、アスファルト舗装をされているのが残念至極ではあるが、路上の植物園が両側に設置され、どことなく大正、昭和の風情を醸し出している。
 それは、多分、仕立て屋の「テイラーアダム」や「金細工・岡本」といった何とも懐かしいし職人さんの店構えのせいかも知れない。
 この店に数日前、尾道ガラス工房なるものがオープンした。昔の木造家屋を改造して、1階をアトリエに2階にショップが併設された店舗で、ガラス作家が新たに引っ越して来たのだ。
 これで、この狭い「西橋町(さいきょうまち)」に、次から次へと職人が住みついてくれれば、面白い路地になること間違いなし!




 上記の文章を書いて何年になるのか、はっきりとしない。思えば、尾道の路地に注目して店舗を出した走りが、カサリンガやクレープ屋の初代オーナーで愛称「チェックの佐藤さん」こと佐藤和則さんだった。
 20数年経った今、彼が予見していたように、尾道の路地にはどんどん魅力ある店が出来ている。この西橋町も例外ではない。2017年現在、この路地の海岸通りの東側角には老舗の金尾果物店、本通りの西側角に「立花テキスタイル研究所」のサティライトがあったが現在は世界のビールが飲めるビールバー「クルー」、路地の真ん中あたりには日本酒と蕎麦通に好評の蕎麦処「笑空」がある。

路地の情報
名称
西京町
1.6m
長さ
約57m
動線種類直線
直線
方向
タテ軸(南北)
こう配平坦
緩やかな坂
舗装地道
アスファルト
両側の建物
モルタル、木造、

舗装の年季度
生活臭
尾道的風情度

バックリンク(8) 参照(3500)

路地ニャンシャーロック
会計レジを見る








三井住友外貨宅配
メルマガ登録・解除


路地ニャン公の独り言
copyright bisansecession Powerd by