トップ路地(露地) > 西郷寺裏参道

西郷寺裏参道

浄土寺山(瑠璃山)にも情緒豊かな坂道や石段が...。
西郷寺裏参道
西郷寺裏参道
西郷寺裏参道
 どこでもそうだが、表の顔と裏の顔があるとしたら、断然興味をそそられるのは裏の顔だろう。表の顔は造り顔でそれなりに化粧を施し、馬子にも衣装で見た目は美しいのだが、素顔となるとそうはいかない。化粧で隠すことができない普段着だから、それで美しければもう絶品だね。
 西郷寺の表参道は車で近付けるけれど、裏参道は自分の足でなければ行くことはできない。美しいものを手に入れようとすると、それなりの努力が要るものだ。
 それで、裏参道へ通じる道はどこが入口か、というと尾道市民でも知るものは少ないだろう。
 へぇ、こんなところへあるのだと、実は吾輩も驚いた。尾道市立図書館の西隣のキリスト教会(かつてはこのあたりは保健所だったニャン)の裏にあるのだ。
 いわゆる「古寺巡り」と称して、尾道町の寺々を結ぶ小道を石タイルで舗装した道で、真言宗の浄土寺に通じる通称「浄土寺道」に繋がっている。
 裏参道は浄土寺山麓の急斜面を二ケ所の石段と坂道で結び、西郷寺に導く。
 どうですか、この尾道的風情!! 



 何んだか心が「シャキッ」として、わが猫族の尻尾もピーンと宙に立つようで、実に気持ちの良い路地だニャン。 

 ところで、実に興味深い話が吾輩の鋭敏な耳に舞い込んできたので、ご紹介しよう。

 敬愛する吾輩の主の友人で学者のS氏が、尾道を舞台にした小津安二郎監督の映画「東京物語」(1953年松竹)に関する共著を執筆中(2010年6月出版予定)で、何でも吾輩の主にその映画シーンの1コマ1コマが載った分厚い写真集を見せ、そのロケ場所が現在どのにあたるのかと尋ねたという。
 吾輩の額より少々顔の広い主、ニヤニヤ写真を見ながら、おもむろに「ほほーぅ、これは筒湯小学校の裏門に通じる道で....」「これは...フム。どこかで見たような...」と言う。
 しばし時間を掛けながら、記憶の底をめぐり歩き考えた後、「これはどうやら西郷寺の裏参道近辺、つまり今の尾道中央図書館で、昔は市民病院だった、あのあたりに抜ける路地では...。」と思い出し、早速、左下の写真を眺めたら「これは! 間違いない」と宝物を発見したように大喜びの満足顔であったという。この左下の写真こそ、「東京物語」のあの場所だと判明したという次第である。
 その「あの場所はどこだ?」というご仁には、今一度、世界に名高い「東京物語」を鑑賞されたい。
路地の情報
名称
西郷寺裏参道
1.6
長さ
約33m
動線種類直線
クランク
方向
タテ軸(南北)
こう配平坦
坂と石段
舗装地道
石タイル
両側の建物
モルタル、木造、

舗装の年季度
生活臭
尾道的風情度

バックリンク(9) 参照(3748)

路地ニャンシャーロック
会計レジを見る








三井住友外貨宅配
メルマガ登録・解除


路地ニャン公の独り言
copyright bisansecession Powerd by