トップ路地ニャン公と仲間 > 路地ニャン公2006の旅立ち!

路地ニャン公2006の旅立ち!

井の中の蛙ではいけない、と思い立ち...。
路地ニャン公2006の旅立ち!
路地ニャン公2006の旅立ち!

世界見聞録の旅に出ることにした。
 と云っても、吾輩の精神的な核を形成している「尾道町」を支点として、差し当たり国内(隠岐島)と隣国(中国)の近場でブーメランのごとく回帰しながら、一気に遠くエストニアラトヴィアリトアニアというバルト3国へ飛んで行こうと思っている。
  というわけで、再び吾輩が登場するのは今月の25,6日頃になるであろうか。しばらく、この「ホッと情報」はお休みする。
 その間、吾輩のことを呉々も忘れぬように願いたい。


『ただいま!!』と元気よく帰ってきたが、少々くたびれた。
実は、旅そのものは2006年10月4日から21日までと決まっていたのだが、世の中いろんなことがあるもので、22日と1日計画がずれてしまったのだ。この1日が実にドラマチックな動きだったのだ。
 もったいぶらずに話すのが吾輩のいいとろこだと思うのだが、これがまた長〜い話になるので、焦らず順を追ってご報告することをお許しいただきたい。
 まずは、詳細は別にして客観的な旅の行程をご報告するとこうだ。
10月4日から10月6日まで米子経由で隠岐の島後(どうご)2泊3日、10月7日から10日まで上海、杭州、紹興の3泊4日、尾道町で2日過ごした後の10月13日、関西空港に前泊し10月14日から21日までフィンランドとバルト三国のはずが、22日までずれてしまった。
 ということで、詳細はこれからゆっくりご報告することにする。


バックリンク(13) 参照(5538)

路地ニャンシャーロック
会計レジを見る








三井住友外貨宅配
メルマガ登録・解除


路地ニャン公の独り言
copyright bisansecession Powerd by