トップ尾道見聞録 > 長寿ピアノの秘けつ

長寿ピアノの秘けつ

200歳の長寿をめざすピアノ秘話とは...。
長寿ピアノの秘けつ
長寿ピアノの秘けつ
長寿ピアノの秘けつ
尾道見聞録関連ページ
プリミティブ・モアレ(その2) これが尾道弁じゃ 凹みの美学(3) 凹みの美学(2) 甦ったフェアレディZ432 尾道のピアノ3台物語 長寿ピアノの秘けつ 尾道の巨大なジャスミナム 尾道が「おいしい」事情 尾道のフィレンチェ 川口協治の四コマ漫画 プリミティブ・モアレ(その1) くねくね坂道アート道 凹みの美学 尾道夏祭り「住吉花火大会」 西御所ウォーターフロント 尾道歴史年表 尾道白樺美術館が閉館 小田原散髪店 工房おのみち帆布 尾道東高等学校の正門 向島洋らんセンター 尾道の夏祭り「水祭り」 高見山の風景は「これはもう尾道の宝物」 宮邊海産の洋館 丸万蒲鉾店 魚市場跡の石畳 尾道の冬桜 ちょっと気になる風景(5) 尾道水道、初冬の夕暮れ 小林和作とは 岩屋山から見る尾道夕暮れ ファインダーの中の写真家 尾道中央桟橋 灰屋・橋本家の壁 スリムな家 万年筆の生け簀(す) (ぼたん) ちょっと気になる風景(6) 備三タクシー(株)の公式HP シュガーシャック 尾道夏祭り「祇園祭三体神輿」 ちょっと気になる尾道風景(2) ちょっと気になる尾道風景(3) ちょっと気になる尾道風景(4) なかた美術館 なかた美術館第四展示室 天の邪鬼 浄土寺の庭と露滴庵 SECESSION) タヌキの「ぽんた」 「坂の陸橋」 尾道クレーン物語 和紙専門の「佐藤紙店」 常称寺の山門 常称寺の屋根瓦 浄土寺の初護摩 防地川の石垣 艮神社の大楠 周六(その2) 時計屋の時計看板 尾道水道の浮きドック 尾道水道の浮きドック(その1) 吉源酒造場 防地口の風景 木製電信柱の危機 毛糸屋の毛糸看板 尾道水道の浮きドック(その2) 金剛院の烏天狗 西郷寺 天寧寺の牡丹(2007年) 尾道学寮物語 ちょっと気になる尾道風景(7) 小田原散髪(その2) 真夏の尾道 なかた美術館のチェンバロ 西國寺の櫻 にぎり佛 尾道の「臍(へそ)」 夜の住吉浜公衆電話室 箱入り金木犀 天寧寺2008年 自転車にも天国と地獄 緑豊かな家 なかた美術館の庭園 尾道の如雨露(じょうろ) なかた美術館第一・第二展示室 なかた美術館第三展示室 尾道水道という名の海 空家の秋 尾道ファン倶楽部 これぞ電信柱の原形 小田原俊幸の散髪道 住吉浜公衆電話室 尾道七佛めぐり ちょっと気になる尾道風景(1) 夕暮れ尾道 尾道に住みついたフェアレディZ432 尾道ぽっぽ新聞 がんぼう尾道ラーメン ◎◎おこのみ店

 本年(2014年)で115歳を迎える尾道市立久保小学校のスタインウェイピアノに関する、1998年修復当時に書かれた貴重な文章を入手したので、ご披露することにした。執筆者はフォルテピアノ修復家として活躍する山本宣夫氏である。以下、修復を手掛けられた久保小学校の「スタインウェイピアノ」に対する山本氏の熱い想いが伝わってくる。


スタインウェイピアノ
 イタリアのバルトロメオ クリストーフォリが今からちょうど300年前の1700年頃にピアノを発明して以来、ヨーロッパのピアノ製作はそれまでのオルガン、チェンバロといった鍵盤楽器の製作者がピアノ造りに移行するという形でなされることが多くありました。
 スタインウェイ社の創立は1853年です。ピアノ製作栄光の創業者セオドア・スタインウェイという人物は天賦の才を持つ科学者であり、また卓越した技術者でもありました。
 ピアノの意匠と音質の概念を世界的規模で根本から覆した技術革新を強固に推進し、頑丈な鉄骨に太い弦を強い張力で扇形に斜めに交差するようにはり巡らし、駒を響版の中央に据えつけ、厚いフェルトを機械で圧着した大きなハンマーを使用しました。
 このようにして生み出されたこれまでにないピアノアクションの適応により演奏者は前例のない音量と音色を自由自在に表現出来るようになりました。
 スタインウェイはなんとアメリカに来て20年間に41件もの特許を取得したのでした。1880年代のスタインウェイ製のピアノは本質的に現代ピアノそのものであり、競争相手の一世代先を歩んでいました。

音色と響きに最も大きな影響を及ぼすのは響板
 私が初めて久保小学校のスタインウェイピアノを見た時、それは体育館の片隅の鉄の檻の中に入れられている傷ついたライオンのようでした。それは体の右半分が灼けただれ、瀕死の状態でした。
 試しに弾いてみた時、ガタガタと悲鳴のように聞こえる音の中にキラリと光りを放つ音をいくつか感じました。そして、とても汚れてはいるけれども、その響板は、幸いにも傷ついていなかったのです。
 「このピアノはまだ死んではいない。再生可能だ。そして完成には大変な時間が掛かると予想されるが、それだけの値打ちは充分にある。」と私は判断しました。
 火災によるやけど傷ばかりでなく、様々な傷を負わされた本体の修理と外装の塗装が終了し、鍵盤とアクションの仕事に取りかかりました。
 当初の見積もりでは、最初から付いていたオリジナルのハンマーをそのまま使用するつもりでいましたが、そのフェルトは実際には思いのほか消耗していたのでした。そのままでもなかなか良い音ではあるのですが、今回の修復後さらなる100年の命を与えようと取り組んでいましたので、そのままでは余命はそんなに長くないと判断できました。
 結果、ニューヨークのスタインウェイの新品のハンマーを取り寄せ、それと交換しました。新しいハンマーに替えましたが、音色は大差なくとても良い音が得られ満足できました。
 鍵盤の象牙は低音と高温の一部が少し残っているという状態でしたが、現在はワシントン条約により象牙の輸入が禁止されてしまっています。でも幸いにも、以前買い求めたものが一台分だけ残っていましたので、それに取り替えることにしたのです。
 一年余りかかった修復が大詰めにかかり、最後の仕事である調律をしてみると、低音は豊か、中音域は色彩豊か、高音はのびやかでブリリアントな響きで、仕事をしていても、それはとても気持ちの良いものでした。
 出来れば、一度ピアノソロのコンサートでみごとに蘇った100年前のスタインウェイの音を堪能できればと思っております。 1998年10月 山本宣夫



バックリンク(11) 参照(7478)

路地ニャンシャーロック
会計レジを見る








三井住友外貨宅配
メルマガ登録・解除


路地ニャン公の独り言
copyright bisansecession Powerd by