トップ尾道見聞録 > 防地川の石垣

防地川の石垣

暗渠になって、七十数年振りに顔を見せた防地川の石垣は....。
防地川の石垣
防地川の石垣
防地川の石垣
尾道見聞録関連ページ
プリミティブ・モアレ(その2) これが尾道弁じゃ 凹みの美学(3) 凹みの美学(2) 甦ったフェアレディZ432 尾道のピアノ3台物語 長寿ピアノの秘けつ 尾道の巨大なジャスミナム 尾道が「おいしい」事情 尾道のフィレンチェ 川口協治の四コマ漫画 プリミティブ・モアレ(その1) くねくね坂道アート道 凹みの美学 尾道夏祭り「住吉花火大会」 西御所ウォーターフロント 尾道歴史年表 尾道白樺美術館が閉館 小田原散髪店 工房おのみち帆布 尾道東高等学校の正門 向島洋らんセンター 尾道の夏祭り「水祭り」 高見山の風景は「これはもう尾道の宝物」 宮邊海産の洋館 丸万蒲鉾店 魚市場跡の石畳 尾道の冬桜 ちょっと気になる風景(5) 尾道水道、初冬の夕暮れ 小林和作とは 岩屋山から見る尾道夕暮れ ファインダーの中の写真家 尾道中央桟橋 灰屋・橋本家の壁 スリムな家 万年筆の生け簀(す) (ぼたん) ちょっと気になる風景(6) 備三タクシー(株)の公式HP シュガーシャック 尾道夏祭り「祇園祭三体神輿」 ちょっと気になる尾道風景(2) ちょっと気になる尾道風景(3) ちょっと気になる尾道風景(4) なかた美術館 なかた美術館第四展示室 天の邪鬼 浄土寺の庭と露滴庵 SECESSION) タヌキの「ぽんた」 「坂の陸橋」 尾道クレーン物語 和紙専門の「佐藤紙店」 常称寺の山門 常称寺の屋根瓦 浄土寺の初護摩 防地川の石垣 艮神社の大楠 周六(その2) 時計屋の時計看板 尾道水道の浮きドック 尾道水道の浮きドック(その1) 吉源酒造場 防地口の風景 木製電信柱の危機 毛糸屋の毛糸看板 尾道水道の浮きドック(その2) 金剛院の烏天狗 西郷寺 天寧寺の牡丹(2007年) 尾道学寮物語 ちょっと気になる尾道風景(7) 小田原散髪(その2) 真夏の尾道 なかた美術館のチェンバロ 西國寺の櫻 にぎり佛 尾道の「臍(へそ)」 夜の住吉浜公衆電話室 箱入り金木犀 天寧寺2008年 自転車にも天国と地獄 緑豊かな家 なかた美術館の庭園 尾道の如雨露(じょうろ) なかた美術館第一・第二展示室 なかた美術館第三展示室 尾道水道という名の海 空家の秋 尾道ファン倶楽部 これぞ電信柱の原形 小田原俊幸の散髪道 住吉浜公衆電話室 尾道七佛めぐり ちょっと気になる尾道風景(1) 夕暮れ尾道 尾道に住みついたフェアレディZ432 尾道ぽっぽ新聞 がんぼう尾道ラーメン ◎◎おこのみ店

 突然、七十数年前の防地川の石垣が現れた!!
橋本邸のコンクリート塀を倒したかと思っていたら、今度は道路が掘り返され、ついには話に聞いていた、良き時代の石垣が姿を現わしたのだ。

 防地口交差点を海の方に曲がり、宮野耳鼻咽喉科前から海岸通りの「かき船」まで続く道路(写真/上)、この下に川が流れていることを知っている尾道市民は少なくなった。
 昔の地名には、それぞれの地理的特徴を意味するものが多い。ビサン ゼセッション(久保3丁目8-33)のある地域は「川端」といい、防地川が暗渠となる昭和8、9年以前には、このあたりは流れ行く川の水、吹く風に揺れる柳に人力車といった風情ある空間であったという。
 今から17、18年前までは、この知名に由来した「川端寮」という日立造船お抱えの料亭もあり、芸者衆が奏でる三味線の音色が尾道の夜を華やかに染めていた良き時代を連想させた。
 この川下にあたる、現在の教育会館入口あたりには新橋というりっぱな石橋(海龍寺の裏に移築)が架かっていたようだ。
 昭和2、3年当時の尾道の人口は3万人、そのうち、何と芸者は100人余りに娼妓は230人(昭和6年頃には260人余り)を数えたという。港町として栄えた尾道を物語る歴史の一コマだ。
 大正四年に中國實業遊覧案内社吉田松太郎氏により出版された「尾道案内」の復刻版が手許にあるが、その中に当時の美しき芸者衆の写真があったのでご紹介しよう。写真には「尾道新地藝妓 偕楽舎券番」と書かれている。



 この防地川の西側、巨大迷路のように無数の路地が走る新地、新開には、検番と50〜60軒の置屋(おきや)があり、歌舞音曲による遊びが繰り広げられ、何とも華やかな艶のあるまちだったと想像されるのだ。
 七十数年昔の過去から、突然、現れた防地川の石垣が、失われた尾道的風情を一瞬、蘇らせてくれたのだ。

 「猫が行き交うまち」は人にも安全な住み良いまちと云われている。そして「尾道町」は猫に優しいまちと云われてきた。
 ところが最近、半世紀昔の価値基準で作られた都市計画がそのまま実行に移されようとしているのだ。車偏重のまちづくりが盛んであった時代の都市計画だ。猫の額ほどの「尾道町」で道路拡張がどんどん進められ、どんどん路地も消滅していく。
 路地と違って、広い道路は猫にとっては危険極まりない。落ち落ち渡ることもできないのだ。吾輩は猫である。猫にとって優しいまちづくりは、人にとっても快適なまちづくりだと考える。そこで、大胆な猫的発想のまちづくりをご披露しよう。
 「この際、暗渠を止め、あの石垣を生かして柳並木を復活させ、尾道的風情を復活させるという提案はニャンともいいではないか。
 それとも産業遺構の石垣が見えるように、道路の一部をガラス張りにするというところまで譲歩しようかな(笑)....。」
   


バックリンク(11) 参照(5443)

路地ニャンシャーロック
会計レジを見る








三井住友外貨宅配
メルマガ登録・解除


路地ニャン公の独り言
copyright bisansecession Powerd by