トップホッと瓦版 > なかたミュージアム・コンサートvol.3

なかたミュージアム・コンサートvol.3

スウェーデンの民族楽器ニッケルハルパとチェンバロが奏でる...。
なかたミュージアム・コンサートvol.3
なかたミュージアム・コンサートvol.3
なかたミュージアム・コンサートvol.3
ホッと瓦版関連ページ
村上選油絵展 リサイタル おいしい尾道キャンペーン第二弾 おいしい尾道キャンペーン ミュージアム・コンサートin尾道市立美術館 リサイタル 尾道市立美術館 おのみちイべント案内 ゼセッション倶楽部 コンサート 萩原麻未ピアノリサイタル ベヒシュタインピアノ・リサイタル sea) フォルテピアノ・レクチャーコンサート 尾道関連イベント情報 なかた美術館 平山郁夫美術館 「谷川俊太郎&谷川賢作」 おのみちホッとコンサート マリア・フォシュストローム アルト・リサイタル 第36回地中海学会大会 鈴木秀美のガットサロンin尾道 Live 「上海青島旅ポス」マチ写展 渡辺貞夫クインテット2012 佐藤アキラ写真展in尾道(1) 音語り「東京物語」 ヴェンダース写真展−尾道への旅− 尾道大学石像彫刻展 伊藤憲孝ピアノ・リサイタル 砂曼陀羅と秘仏特別開帳 尾道薪能 ヨットで日本一周の夢 尾道への旅 映画「かもめ食堂」 尾道 「太陽の黙示録」のかわぐちかいじ チェロ・コンサート 平成の平山郁夫 展 深川和美の童謡サロン・コンサート 「吉川よしひろ」CELLO・DINNER・CONCERT 吉川よしひろの世界 佐藤アキラ写真展in尾道(2) なかたミュージアムコンサート2007 ボーシャン展 なかたミュージアム・コンサートvol.3 Ky 第二回尾道大学石像彫刻展 ニッケルハルパとチェンバロ 「我等、尾道派−東京の集い−」 二つのギャラリー展 二つのアート・コム T 「おのみちアート・コムin東京」報告書U なかたミュージアム・コンサート2008/04 第17回『尾道薪能』 音楽物語「わが心の大正ロマン」 「こどもの本の世界」展 尾道・西國寺観月能 第三回尾道大学石像彫刻展 小林和作「天地豊麗」展 ケビン・コスイナーの「マチ写」展 第2回尾道・西國寺観月能 麦人の朗読会「父と暮らせば」 琵琶百物語 文楽人形(吉田勘緑) 圓鍔勝三彫刻美術館 耕三寺博物館 麦人の朗読会「父と暮らせば」のコピー ウィーン セレナーデ 2006 作陶展 かわぐちかいじ漫画賞受賞祝賀会レポート 砂曼陀羅の続報 武久源造さんのNHKラジオ出演 ジャズユニット<パリャーソ> 武久源造スペシャル 佐藤アキラ写真展 武久源造(チェンバロ)ディナー・コンサート 幻の都 かわぐちかいじ小学館漫画賞受賞祝賀会 能への誘い 山本潤子アコースティックコンサート2006

Nyckelharpa & Cembalo Concert
From Castle & Cottage


と き/2007年10月3日(水)、4日(木)
    開場/18:00  開演/18:30
ところ/なかた美術館 第1展示室

●チケット(前売券)●
コンサートのみ3,000円/ディナー付きコンサート10,000円

●スケジュール●
18:30〜20:00 演奏
20:00〜21:30 演奏者を囲んでのビュフェ形式の ディナー

●演奏者●
トービヨルン・ネスボム(ニッケルハルパ)
アンドレアス・エードルンド(チェンバロ)

●プログラム●
1 教会行進曲 ウロフ・ヤンソン
2 春の雫   エリック・サールストローム
3 チェロ組曲第1番 ヨハン・ゼバスチャン・バッハ
4 プレリュード第5番 スランソア・クープラン
5 夢見るひと マラン・マレー
  など




 ニッケルハルパはスウェーデンの民族楽器でキー(ニッケル)でメロディー弦を押さえてそれを短い弓で弾きます。ちょっと見、ヴァイオリンからいっぱい牙が生えたようで、カブトガニが楽器になったらこんな感じ?でも音は美しくそして鄙びていて魅力的です。そのニッケルハルパとチェンバロの組み合わせは意外ですが、バッハの無伴奏チェロ組曲やマレの名曲を聴くと、なるほどと納得がいくでしょう。
 このコンサートは、スウェーデンのSatoko Berger-Fujimotoさんが主宰するMUSICA REDIVIVAの協力で実現したもので、 二人の演奏家がニッケルハルパとチェンバロという古楽器を奏で、クラシックとフォークミュージックの融合という日本では珍しい夢のような演奏をお楽しみいただけます。
   写真(上/右)のチェンバロは、久保田彰氏がアンドレアス・エードルンドのために製作したものです。

*お申し込み、お問い合わせは
tel 0848-20-1220(なかた美術館)




アンドレアス・エードルンド Andreas Edlund
(鍵盤楽器:チェンバロ、オルガン、ピアノ、クラビコード、レガール、吹奏楽器:クラリネット、ショーム、ドルシアン、リコーダー、その他ハープ、歌)

1971年生まれ。教会オルガニストの資格獲得の後、スウェーデン、イェテボリ大学音楽教師育成科にてクラリネットを専攻(1990-1994)
卒業後1年間ストックホルムの劇団にて劇場音楽家として経験を積んだ後、イェテボリ音楽大学に戻り、チェンバロならびに古楽を専攻、1999年パーフォーミング・アーティストの資格を得る。
1999年、トーン・コープマンの率いるEuropean Baroque Youth Orchesta に通奏低音奏者として参加、ヨーロッパ各国で演奏する。
今日はアンサンブル指導、コンティヌオ、ソロ演奏などを行っている。またクラリネットも活用、特にバルカン、クレツマ、ワールド・ミュージックなどを演奏する。
数多くのCD、ラジオ録音があるが、最近は特にアンサンブル・リーダーとして活躍している。



トルビヨルン・ネスボム Torbjon Nasbom
(ニッケルハルパ、ヴァイオリン)

1961年生まれ。民謡奏者の父よりヴァイオリンの手ほどきを受ける。
子どもの頃からエリック・サールストロームやヴィークスタ・ラッセなどのフォーク・ミュージシャンの巨匠に出会う。
スウェーデン・ラジオの音楽学校やブルッセルの音楽大学などで教育を受け、卒業後、スウェーデン、ウメオ交響楽団/ノルランド・オペラに就職。この頃よりニッケルハルパを弾き始める。
ソリストとしてスウェーデン各地のオーケストラ、バロックオーケストなどと共演、またアン・ソフィー・フォン・オッターと共にヨーロッパ、USAで公演している。
CDはベースのセバスチャン・ドゥべーと共演のモVATTENモがある。
 


ニッケルハルパという古楽器とは
 ニッケルハルパはバイオリンに似た弦楽器ですが、ブルドン弦とキー(ニッケル)を持っています。中世からヨーロッパで知られていた楽器です。
 しかし不思議なことに、18世紀にはスウェーデン、ウプサラ北方だけで生き残りました。
 1950-60年代に構造上の改革を経て、今日ではスウェーデンの国民楽器とまで言われています。それに従い、世界中で注目を浴び始めている大変ユニークな楽器です。


<国内での日程>

●門真市 10月5日(金) 15時・19時
詳しくは

●高知市 10月10日(水) 18時30分
Villa・Vitis Avanzare
高知市新本町2-3-17、LAGARE 2F, Tel 088-875-3337

●倉敷市 10月11日(木) 19時
倉敷市美術館
倉敷市中央2-6-1、Tel 086-425-6034

●小金井市 10月13日(土) 16時
  東京学芸大学
小金井市貫井北町4-1-1

●立川市  10月14日(日) 14時
ロバハウス
  詳しくは


 

バックリンク(8) 参照(7175)

路地ニャンシャーロック
会計レジを見る








三井住友外貨宅配
メルマガ登録・解除


路地ニャン公の独り言
copyright bisansecession Powerd by