トップホッと瓦版 > ジャズユニット<パリャーソ>

ジャズユニット<パリャーソ>

<谷川賢作+続木力>ディナーコンサートが...。
ジャズユニット<パリャーソ>
ジャズユニット<パリャーソ>
ジャズユニット<パリャーソ>
ホッと瓦版関連ページ
村上選油絵展 リサイタル おいしい尾道キャンペーン第二弾 おいしい尾道キャンペーン ミュージアム・コンサートin尾道市立美術館 リサイタル 尾道市立美術館 おのみちイべント案内 ゼセッション倶楽部 コンサート 萩原麻未ピアノリサイタル ベヒシュタインピアノ・リサイタル sea) フォルテピアノ・レクチャーコンサート 尾道関連イベント情報 なかた美術館 平山郁夫美術館 「谷川俊太郎&谷川賢作」 おのみちホッとコンサート マリア・フォシュストローム アルト・リサイタル 第36回地中海学会大会 鈴木秀美のガットサロンin尾道 Live 「上海青島旅ポス」マチ写展 渡辺貞夫クインテット2012 佐藤アキラ写真展in尾道(1) 音語り「東京物語」 ヴェンダース写真展−尾道への旅− 尾道大学石像彫刻展 伊藤憲孝ピアノ・リサイタル 砂曼陀羅と秘仏特別開帳 尾道薪能 ヨットで日本一周の夢 尾道への旅 映画「かもめ食堂」 尾道 「太陽の黙示録」のかわぐちかいじ チェロ・コンサート 平成の平山郁夫 展 深川和美の童謡サロン・コンサート 「吉川よしひろ」CELLO・DINNER・CONCERT 吉川よしひろの世界 佐藤アキラ写真展in尾道(2) なかたミュージアムコンサート2007 ボーシャン展 なかたミュージアム・コンサートvol.3 Ky 第二回尾道大学石像彫刻展 ニッケルハルパとチェンバロ 「我等、尾道派−東京の集い−」 二つのギャラリー展 二つのアート・コム T 「おのみちアート・コムin東京」報告書U なかたミュージアム・コンサート2008/04 第17回『尾道薪能』 音楽物語「わが心の大正ロマン」 「こどもの本の世界」展 尾道・西國寺観月能 第三回尾道大学石像彫刻展 小林和作「天地豊麗」展 ケビン・コスイナーの「マチ写」展 第2回尾道・西國寺観月能 麦人の朗読会「父と暮らせば」 琵琶百物語 文楽人形(吉田勘緑) 圓鍔勝三彫刻美術館 耕三寺博物館 麦人の朗読会「父と暮らせば」のコピー ウィーン セレナーデ 2006 作陶展 かわぐちかいじ漫画賞受賞祝賀会レポート 砂曼陀羅の続報 武久源造さんのNHKラジオ出演 ジャズユニット<パリャーソ> 武久源造スペシャル 佐藤アキラ写真展 武久源造(チェンバロ)ディナー・コンサート 幻の都 塩川高敏 展 かわぐちかいじ小学館漫画賞受賞祝賀会 能への誘い 山本潤子アコースティックコンサート2006

2006 Museum dinner concer
ジャズユニット<パリャーソ>
谷川賢作(ピアノ)+続木 力(ハーモニカ)

と き 2006年12月14日(木)
開 場 17:30(美術館をご覧いただけます。)
    演奏(第1部)18:30〜19:10頃
    ビュッフェ 19:10〜20:00頃
    演奏(第2部)20:00〜20:40頃

●ところ
なかた美術館1ギャラリー(演奏)
レストラン ロセアン(立食ビュッフェ形式のディナー、フリードリンク付き)
●チケット
10,000円(税込み)
●募 集
80名限定


【谷川賢作氏のコメント】
旅する二人組「パリャーソ」(ポルトガル語で道化師の意)として は、2002年の12月以来、4年ぶりの尾道公演です。年々、すべて の事柄がスピードアップしている様に感じられる昨今、ゆったりとした 空気の流れる尾道で音楽家として、しばしリセットできるのが楽しみで ある。
 そう、昼間の尾道が好きだ。コーヒーを飲みながらぼーっと瀬戸内の 悠然たる海を眺める、この時間こそが、その夜の熱い演奏のための快い ウオーミングアップになるのだ。東京やその他大都市では味わえない、 豊かな時間である。
 が、私のような「飲んだくれ」の旅芸人!? 終演後の夜の尾道での リセットも(もっと)大切。「暁」や「エイトレイン」でちょいと一杯 のつもりが杯をかさね、尾道ラーメンを食し、お好みもおいしいし、 おっと「カサリンガ」にも行きたいけれど、今回のディナーコンサート は、尾道人お薦めの『ロセアン』というフランス料理のお店。 初めてのお店だけに、 これまた実に楽しみである。ああ忙しい。
 思いおこせば父、谷川俊太郎、尺八の土井啓輔さん、現代詩をうたう グループDiVa での尾道公演を経て、そして昨年には尾道大学の 歌「光あふれよ」の作曲を担当させていただけるという栄誉にも恵ま れ、今後も尾道とのご縁がますます深まっていくのが楽しみである。


【パリャーソ Palhaco】  パリャーソとは、ポルトガル語でピエロ、道化師の意味。ジャズにしっかりと軸足をおきつつも、ポップスから童謡・ラテンまでジャンルにとらわれず、古今東西の名曲を演奏する二人組。2001年12月の結成以来、全国各地でのライブ、コンサートはすでに200本以上を数える。02年4月「パリャーソ」04年3月「ヌアージュ」05年6月「グリオ」066年11月「ウルガ」と4枚のアルバムをリリース。ヨーロッパ各地で研鑽を積んだ続木と作・編曲家としても多彩な活動を繰り広げる谷川との粋なかけあいは多くのファンを魅了している。
「パリャーソ」さくらレコードJMCK-3002
「ヌアージュ」さくらレコード JMCK-3004
「グリオ」  さくらレコードJMCK-3005
「ウルガ」おーらいレコード JMCK-1025

谷川賢作(作曲・ピアノ)
TANIKAWA KENSAKU
1960年東京生まれ。ジャズピアノを弘勢憲二、佐藤允彦に師事。映画・TV・CM等への作曲も数多く、代表作に映画 「竜馬の妻とその夫と愛人」、ネスレモーニングキャンペーン「朝のリレー」等。1988・95・97年日本アカデミー賞優秀音楽賞受賞。95年第40回アジア太平洋映画祭最優秀音楽賞受賞。2002年3月には、父・俊太郎 とのコラボレートCD「クレーの天使」(Silent)をリリース。
03年第2集「kiss」、04年6月第3集「家族の肖像」、05年10月第4集「谷川俊太郎 ソング・ブック」をリリース。
ソロ名義の作品には、05年11月、NHK「その時歴史が動いた」オリジナル・サウンド・トラック、06年10月「Nature Boy」などがある。05年3月北京大学にてピアノソロ・コンサートを開催。同年10月イタリアで行われたポルデノーネサイレント映画祭「成瀬巳喜男特集」にて作曲/演奏。
06年びわ湖ホール制作「雷の落ちない村」の音楽監督。ピアニスト舘野泉に組曲「スケッチ・オブ・ジャズ」を献呈。
谷川賢作オフィシャルサイト  http://www.taniken.net/

続木 力(ハーモニカ)
TSUZUKI CHIKARA
1958年京都生まれ。自由学園高等科在学中に、日本のブルースハーモニカの草分け、妹尾隆一郎の演奏に接し、ハーモニカを独学する。77年、家業の製パン技術を学ぶべく渡仏するが、80年頃からパリを中心にヨーロッパを旅して路上演奏するようになり、ジャンルを問わず、数多くの多国籍ストリートバンドに参加する。
89年より、フランスのシンガー・ソングライター、のジャック・イシュランをレコーディング、コンサートツアーなどでサポート。
92年に帰国し、ジャンルを越えて、セッション活動をしている。97年にリーダーアルバム“ディライト”を、ホリプロ・ポニーキャニオンよりリリースした他に、小林圭、鈴木重子、西村由紀江、その他数多くのレコーディングに参加。
現在は、谷川賢作(P)とのデュオユニット「パリャーソ」、宮野弘紀(G)吉川よしひろ(Cello)とのトリオ「S.K.B」、小笠原千秋(Vo)辻邦博(G)との「Blessed in Music」、実兄の続木徹(P)との「続木ブラザーズ」等で、演奏活動を行っている。

ご予約・お問い合わせは
レストラン ロセアン tel 0848-1218 
尾道市潮見町6-12(月曜定休)

主催 なかた美術館

バックリンク(6) 参照(4884)

路地ニャンシャーロック
会計レジを見る








三井住友外貨宅配
メルマガ登録・解除


路地ニャン公の独り言
copyright bisansecession Powerd by