トップ尾道見聞録 > 尾道夏祭り「住吉花火大会」

尾道夏祭り「住吉花火大会」

住吉祭りの花火大会は尾道人の心意気、その数1万3千発が夜空に!
尾道夏祭り「住吉花火大会」

尾道夏祭り「住吉花火大会」
尾道夏祭り「住吉花火大会」
尾道見聞録関連ページ
プリミティブ・モアレ(その2) これが尾道弁じゃ 凹みの美学(3) 凹みの美学(2) 甦ったフェアレディZ432 尾道のピアノ3台物語 長寿ピアノの秘けつ 尾道の巨大なジャスミナム 尾道が「おいしい」事情 尾道のフィレンチェ 川口協治の四コマ漫画 プリミティブ・モアレ(その1) くねくね坂道アート道 凹みの美学 尾道夏祭り「住吉花火大会」 西御所ウォーターフロント 尾道歴史年表 尾道白樺美術館が閉館 小田原散髪店 工房おのみち帆布 尾道東高等学校の正門 向島洋らんセンター 尾道の夏祭り「水祭り」 高見山の風景は「これはもう尾道の宝物」 宮邊海産の洋館 丸万蒲鉾店 魚市場跡の石畳 尾道の冬桜 ちょっと気になる風景(5) 尾道水道、初冬の夕暮れ 小林和作とは 岩屋山から見る尾道夕暮れ ファインダーの中の写真家 尾道中央桟橋 灰屋・橋本家の壁 スリムな家 万年筆の生け簀(す) (ぼたん) ちょっと気になる風景(6) 備三タクシー(株)の公式HP シュガーシャック 尾道夏祭り「祇園祭三体神輿」 ちょっと気になる尾道風景(2) ちょっと気になる尾道風景(3) ちょっと気になる尾道風景(4) なかた美術館 なかた美術館第四展示室 天の邪鬼 浄土寺の庭と露滴庵 SECESSION) タヌキの「ぽんた」 「坂の陸橋」 尾道クレーン物語 和紙専門の「佐藤紙店」 常称寺の山門 常称寺の屋根瓦 浄土寺の初護摩 防地川の石垣 艮神社の大楠 周六(その2) 時計屋の時計看板 尾道水道の浮きドック 尾道水道の浮きドック(その1) 吉源酒造場 防地口の風景 木製電信柱の危機 毛糸屋の毛糸看板 尾道水道の浮きドック(その2) 金剛院の烏天狗 西郷寺 天寧寺の牡丹(2007年) 尾道学寮物語 ちょっと気になる尾道風景(7) 小田原散髪(その2) 真夏の尾道 なかた美術館のチェンバロ 西國寺の櫻 にぎり佛 尾道の「臍(へそ)」 夜の住吉浜公衆電話室 箱入り金木犀 天寧寺2008年 自転車にも天国と地獄 緑豊かな家 なかた美術館の庭園 尾道の如雨露(じょうろ) なかた美術館第一・第二展示室 なかた美術館第三展示室 尾道水道という名の海 空家の秋 尾道ファン倶楽部 これぞ電信柱の原形 小田原俊幸の散髪道 住吉浜公衆電話室 尾道七佛めぐり ちょっと気になる尾道風景(1) 夕暮れ尾道 尾道に住みついたフェアレディZ432 尾道ぽっぽ新聞 がんぼう尾道ラーメン ◎◎おこのみ店

2012年7月28日のおのみち住吉花火大会のフィナーレでは、久々に花火と音楽がうまく絡み合い、ダイナミックで美しく、感動的な演出に観客は酔いしれた。
後日、その印象深かった音楽を調べたら、オルフ作曲「カルミナ・ブラーナ」より『おお、運命の女神よ』であった。
尾道の夜空に繰り広げられた花火、それがモノクロームであるほど、観る側に深い感動と美しいイメージを与えるのだ。

動画は2012年度のおのみち住吉花火大会のフィナーレの模様(©大崎えりや)

以下の文章と左の写真は2007年頃に掲載したレポート

 尾道の夏祭りの一つ「住吉祭り花火大会」は年々、人の賑わいが膨らんでいる。祭りは開催都市の人口の2倍も集まれば、けっこう大掛りなものと思っているが、最近の住吉花火は30万人の人手が、この猫の額ほどの尾道町と対岸の向島の尾道水道沿いにひしめきあうのだからたまったものじゃない。夕刻の5時頃には、山陽本線尾道駅前は、年に一度だけ東京の渋谷と化すのだ。
 吾輩は前日からその変貌ぶりをカメラに撮らえようと計画していたのだが、うっかりしてデジカメのバッテリーを充電するのを忘れていた!!
 猫が慣れない文明の利器を使いこなすなんて所詮、無理な話?それでもなんとか応急処置を施して、その計画を実行できた。下の写真を見比べていただければ、その変貌ぶりが一目瞭然。(下の写真の上にアイコンを置くと説明文が出ます。クリックすると写真が大きくなります。)

<年に一度、尾道駅前が渋谷駅前に変貌する。>


 住吉花火の日は、昼ごろから市内の気配が尋常ではない。何だか、迫り来る緊迫感を予感する、そんな雰囲気がそこかしこと漂っているんだニャン。もっとも、これは鋭敏な吾輩だから感じることかも....。
 そして夕暮れどきの尾道水道には、打上げ花火の台船と住吉祭りの提灯船、そして尾道・向島間を行き交うフェリーのほか、船影は見えなくなる。ほとんどの船が岸に係留され、立ち入り禁止になるのだ。

<花火の嵐の前、静まりかえった尾道水道>


午後7時30分、尾道の夕暮れの町並みがまだ見える中、1発目の花火が上げられた。そして2発、3発....。



 花火がヒューウ、ドッカーンと打上げられるたびに、観客はどよめき、凄いとばかりに拍手の嵐。
 尾道の住吉花火は、幅300mの尾道水道のド真ん中で、しかも尾道三山(瑠璃山、愛宕山、大宝山)と向島の岩屋山が迫る狭〜い空間で上げるものだから、どこの花火大会よりも、大きく間近に咲く花火と地響きするほどの破裂音が楽しめる。
 吾輩は一所懸命、デジカメのシャッターを押していったが...。それにしても、さすがの吾輩も1万3千発の花火をここで紹介することは不可能だと断念した。
 それに恥ずかしい話だが、普段であればデジカメを使った後は必ずバッテリー充電をしている筈なのだが、どうしたものか今日に限ってそのチェックも忘れていた。それだけ吾輩も浮かれていたのか。
 もうすぐ花火が最高潮になるという矢先、バッテリー切れの警告サインがピカッ、ピカッと点滅し始め、プツンと切れた。
 あのフィナーレに相応しい最高に美しい花火が撮れなかったのだ。トホホ....。

 

バックリンク(9) 参照(4579)

路地ニャンシャーロック
会計レジを見る








三井住友外貨宅配
メルマガ登録・解除


路地ニャン公の独り言
copyright bisansecession Powerd by