トップホッと瓦版 > 「おのみちアート・コムin東京」報告書U

「おのみちアート・コムin東京」報告書U

クールトレインが音楽家の熱演で、ホット空間に...。
「おのみちアート・コムin東京」報告書U
「おのみちアート・コムin東京」報告書U
「おのみちアート・コムin東京」報告書U

ホッと瓦版関連ページ
村上選油絵展 リサイタル おいしい尾道キャンペーン第二弾 おいしい尾道キャンペーン ミュージアム・コンサートin尾道市立美術館 リサイタル 尾道市立美術館 おのみちイべント案内 ゼセッション倶楽部 コンサート 萩原麻未ピアノリサイタル ベヒシュタインピアノ・リサイタル sea) フォルテピアノ・レクチャーコンサート 尾道関連イベント情報 なかた美術館 平山郁夫美術館 「谷川俊太郎&谷川賢作」 おのみちホッとコンサート マリア・フォシュストローム アルト・リサイタル 第36回地中海学会大会 鈴木秀美のガットサロンin尾道 Live 「上海青島旅ポス」マチ写展 渡辺貞夫クインテット2012 佐藤アキラ写真展in尾道(1) 音語り「東京物語」 ヴェンダース写真展−尾道への旅− 尾道大学石像彫刻展 伊藤憲孝ピアノ・リサイタル 砂曼陀羅と秘仏特別開帳 尾道薪能 ヨットで日本一周の夢 尾道への旅 映画「かもめ食堂」 尾道 「太陽の黙示録」のかわぐちかいじ チェロ・コンサート 平成の平山郁夫 展 深川和美の童謡サロン・コンサート 「吉川よしひろ」CELLO・DINNER・CONCERT 吉川よしひろの世界 佐藤アキラ写真展in尾道(2) なかたミュージアムコンサート2007 ボーシャン展 なかたミュージアム・コンサートvol.3 Ky 第二回尾道大学石像彫刻展 ニッケルハルパとチェンバロ 「我等、尾道派−東京の集い−」 二つのギャラリー展 二つのアート・コム T 「おのみちアート・コムin東京」報告書U なかたミュージアム・コンサート2008/04 第17回『尾道薪能』 音楽物語「わが心の大正ロマン」 「こどもの本の世界」展 尾道・西國寺観月能 第三回尾道大学石像彫刻展 小林和作「天地豊麗」展 ケビン・コスイナーの「マチ写」展 第2回尾道・西國寺観月能 麦人の朗読会「父と暮らせば」 琵琶百物語 文楽人形(吉田勘緑) 圓鍔勝三彫刻美術館 耕三寺博物館 麦人の朗読会「父と暮らせば」のコピー ウィーン セレナーデ 2006 作陶展 かわぐちかいじ漫画賞受賞祝賀会レポート 砂曼陀羅の続報 武久源造さんのNHKラジオ出演 ジャズユニット<パリャーソ> 武久源造スペシャル 佐藤アキラ写真展 武久源造(チェンバロ)ディナー・コンサート 幻の都 塩川高敏 展 かわぐちかいじ小学館漫画賞受賞祝賀会 能への誘い 山本潤子アコースティックコンサート2006

 今回の企画の中で、尾道ゆかりのアーティストによる「アート・コミュニケーション」を体現するという試みをこのPARTT、PARTUのイベントに盛り込んでいた。
 絵画、音楽、演奏者と観客が、狭い空間で様々な出会いの化学反応をおこしながら、共鳴し、昇華していく。そんな当初の目論み通り、二日間にわたるこのイベントは、感動と熱気に包まれた。

 今だから言えるが、このイベントは企画当初から産みの苦しみの連続であった。
 最初に写真展の会場を予定していたGlleria BRERA(銀座)からH.A.C.ギャラリー(南青山)に変更した。そして絵画展の会場となるCool Train ギャラリーが決まった。その直後の8月頃から青山・目黒周辺でコアイベント「我等、尾道派−東京の集い」を行ないたいと様々な会場をあたったが、日取りが良いせいか、どこも結婚式、披露宴の予約でいっぱいだった。
 少々焦った。コアイベントの会場が押さえられなければ、この全体企画そのものが頓挫してしまう。捜し回ったあげく、幸運にも老舗のイタリアンレストラン「サバティーニ六本木」を押さえることができたのだ。ホッと一息だった。そして「おのみちアート・コミュニケーションin東京」という全体のイベント期間は11月15日〜26日と決まった。
 そんなわけで全体の日程は動かし難く、PARTT、PARTUは11月16日(金)17日(土)の両日に絞られていた。ところが、会場となるCool Trainは、昼間は絵画展のギャラリーとして押さえていたが、JAZZ BARに変身するという夜は、すでに11月16日17日のライブが決まっていたのだ。何とかオーナーの平姉妹にお願いして、一流のプレイヤーが来るのだからと無理矢理、頼み込んでその日を空けて貰った。
 このたびのイベントには是非とも出演いただきたいと数名の音楽家を想定していた。そのうち谷川賢作さんと桐山建志さんは先約のコンサートが決まっていて諦めざるを得なかった。そして、武久源造さんも16日のスケジュールは空いていたが翌日の17日にはコンサートが予定され、坂田明さんも17日にコンサートが予定されていて、16日は移動日だという。廣木光一さんはというと16日は新宿で毎月ライブをする日に当たるという。これではイベントを中止せよという四面楚歌状態ではないか。ちょっと落ち込みましたなぁ。
 と、ところがである。「捨てる神あれば拾う神あり」である。数週間後に武久源造さんより予定のコンサートが中止になったから参加できるとの連絡が入った。坂田明さんは、16日の夕方18時頃から20時頃までであれば、何とか参加できると連絡があった。そして廣木光一さんは、新宿のライブが終わったら急いで六本木に移動したとしても、演奏開始は22時30分くらいになるが、それでもよければ参加できると吉報が入った。ドラマだねぇ。

◆おのみちアート・コミュニケーションPARTT
 翌日17日の栃木県足利市でライブのため、11月16日は車で2時間の移動をしなければならない。「..けど、六本木を八時過ぎに出れば何とかなるじゃろう」と広島(呉)弁まる出しの坂田明さん。
 満杯に入っても30人少々しか座れないという小さな空間のJAZZ BAR「Cool Train」での、無理を承知でお願いした吾輩の頼みを聞き入れ、坂田 明(アルトサックス、クラリネット、パーカッション、唄)、黒田京子(ピアノ)、バガボン鈴木(ベース)の豪華トリオMIIは熱狂的な演奏を披露した。



ギタリスト廣木光一さんは、新宿でのライブを終え、22時には駆け付けてくださった。そして、また約2時間ものぶっ通しのボッサ・インブロビザードの熱演で観客を魅了した。演奏後、「一日に2ステージ、こんなに長く演奏したことはないなぁ」と笑いながら、肘を氷で冷しておられた。これには参った。感謝感謝の気持ちで一杯になったニャン。




◆おのみちアート・コミュニケーションPARTU
 武久源造さん(ピアノ)、大西律子さん(バロックヴァイオリン)、十代田光子さん(チェロ)の演奏(曖昧な記憶によれば確かフォーレ、ブラームス他)には、狭い空間に立ち見の観客も感動したようだ。最後に武久源造さん自らが作曲した「イノセンス」、「みなと」のピアノ独奏には感動の拍手が止まなかった。
 この会場の雰囲気はロンドン生まれでロンドン育ちの日本人画家Eiji Suzukiさんが写真(左/上)のようにユーモアとウイットを交えながらイラストに表現している。



 漫画家かわぐちかいじさんも、超過密なスケジュールの合間を縫って、この演奏会に参加し、武久源造さんと愉快な仲間たちの熱演に、マイクをとり感動の想いを語ってくれた。




バックリンク(7) 参照(5675)

路地ニャンシャーロック
会計レジを見る








三井住友外貨宅配
メルマガ登録・解除


路地ニャン公の独り言
copyright bisansecession Powerd by