トップ尾道見聞録 > 自転車にも天国と地獄

自転車にも天国と地獄

三途の川を渡らずとも、天国と地獄が目の前に....。
自転車にも天国と地獄
自転車にも天国と地獄
尾道見聞録関連ページ
プリミティブ・モアレ(その2) これが尾道弁じゃ 凹みの美学(3) 凹みの美学(2) 甦ったフェアレディZ432 尾道のピアノ3台物語 長寿ピアノの秘けつ 尾道の巨大なジャスミナム 尾道が「おいしい」事情 尾道のフィレンチェ 川口協治の四コマ漫画 プリミティブ・モアレ(その1) くねくね坂道アート道 凹みの美学 尾道夏祭り「住吉花火大会」 西御所ウォーターフロント 尾道歴史年表 尾道白樺美術館が閉館 小田原散髪店 工房おのみち帆布 尾道東高等学校の正門 向島洋らんセンター 尾道の夏祭り「水祭り」 高見山の風景は「これはもう尾道の宝物」 宮邊海産の洋館 丸万蒲鉾店 魚市場跡の石畳 尾道の冬桜 ちょっと気になる風景(5) 尾道水道、初冬の夕暮れ 小林和作とは 岩屋山から見る尾道夕暮れ ファインダーの中の写真家 尾道中央桟橋 灰屋・橋本家の壁 スリムな家 万年筆の生け簀(す) (ぼたん) ちょっと気になる風景(6) 備三タクシー(株)の公式HP シュガーシャック 尾道夏祭り「祇園祭三体神輿」 ちょっと気になる尾道風景(2) ちょっと気になる尾道風景(3) ちょっと気になる尾道風景(4) なかた美術館 なかた美術館第四展示室 天の邪鬼 浄土寺の庭と露滴庵 SECESSION) タヌキの「ぽんた」 「坂の陸橋」 尾道クレーン物語 和紙専門の「佐藤紙店」 常称寺の山門 常称寺の屋根瓦 浄土寺の初護摩 防地川の石垣 艮神社の大楠 周六(その2) 時計屋の時計看板 尾道水道の浮きドック 尾道水道の浮きドック(その1) 吉源酒造場 防地口の風景 木製電信柱の危機 毛糸屋の毛糸看板 尾道水道の浮きドック(その2) 金剛院の烏天狗 西郷寺 天寧寺の牡丹(2007年) 尾道学寮物語 ちょっと気になる尾道風景(7) 小田原散髪(その2) 真夏の尾道 なかた美術館のチェンバロ 西國寺の櫻 にぎり佛 尾道の「臍(へそ)」 夜の住吉浜公衆電話室 箱入り金木犀 天寧寺2008年 自転車にも天国と地獄 緑豊かな家 なかた美術館の庭園 尾道の如雨露(じょうろ) なかた美術館第一・第二展示室 なかた美術館第三展示室 尾道水道という名の海 空家の秋 尾道ファン倶楽部 これぞ電信柱の原形 小田原俊幸の散髪道 住吉浜公衆電話室 尾道七佛めぐり ちょっと気になる尾道風景(1) 夕暮れ尾道 尾道に住みついたフェアレディZ432 尾道ぽっぽ新聞 がんぼう尾道ラーメン ◎◎おこのみ店

 いつの頃から自転車がただのモノになってしまったのだろう。世の中、モノが溢れているから、豊かなのかと思えば、明らかに貧困だ。それも極度の精神的貧困さだ。日本中にその貧困さがまん延しているように思えるのは、吾輩だけだろうか。
 「愛用」という言葉はもう死語になったのだろうか。「これは爺さまがずーと使っていた腕時計」で「吾輩が幼き頃、憧れの眼差しで眺めていた」時計。それは、まぎれもなく世の中に一つしか無い時計。手垢にまみれ、使い古された腕時計には、二世代、三世代の愛情が注がれてきた。なんて、ナンセンス?!と聞こえてきそうな昨今である。
 原因は何か? と猫の額の奥に納まる小さな脳みそで考えてみた。だって、そうなんだよね。ちょっと壊れたからって、修理するより新品やリサイクル自転車を買う方が安いんだもの。

 昨今、新しいものが「美しい」って短絡的思考の持ち主が確かに増えている。だけど、世の中そうばかりでないでしょう。古いものにも大いに「美」や「愛情」が存在するのだニャン。

 かつて大量消費時代とかいって、どんどん使ってはポイの消費文化や大量生産のインスタントものがもてはやされたよねぇ。高度経済成長を支えてきた内需の拡大っていう奴さ。お陰でモノが溢れて、便利になって、精神文化だけが痩せ細っていった。
 そしてグローバリゼーションという錦の御旗。官軍ならずアメリカ的ドライな資本主義が、ただひたすら利潤という絶対神に帰依するために世界中を席巻する。ここでシナリオが狂ってきた。共産主義を打ちのめし、世界中の人々を幸せにする筈の資本が、人間の手を離れて暴走し始めたのだ...。

 吾輩、随分ストレスが溜まっているのか。自転車の話が訳の判らぬ経済原理までワープしてしまった、トホホ....。
 自転車はこどもたちの憧れの対象だった。兄弟や両親、ちょっと雄ませな友だちに後ろで支えてもらい、危なっかしく振らつき走る。やがて自転車が身体と同化し、とうとう自立したときの喜び!! いつか僕もあの自転車に乗って、お兄ちゃんたちと走るんだ!幼子の熱い眼差しが自転車には注がれていたと思うのだけれど...。

 上の写真は日差しと風がほどよく感じられる山手の細〜い坂道のフェンスに駐輪された自転車。ピカピカに輝いて幸せそうだね。そして下の写真は国道沿いの、とある日陰の窪みに打ち捨てられた自転車たち。同じヒトが造り出した自転車の天国と地獄。
 ともかくも、人類の英知がいつか地球温暖化をストップさせ、非営利的活動が中核となるポスト資本主義社会を誕生させ、世界中の人々がみな幸せになることがいつか来ると信じるとしよう。猫だからしみじみ思うのだけれど、心の豊かさも大切ですゾ。

 

バックリンク(9) 参照(6687)

路地ニャンシャーロック
会計レジを見る








三井住友外貨宅配
メルマガ登録・解除


路地ニャン公の独り言
copyright bisansecession Powerd by