トップホッと瓦版 > 尾道・西國寺観月能

尾道・西國寺観月能

梅若六郎とその弟子川口晃平らによる観月能が西國寺金堂を舞台に....。
尾道・西國寺観月能
尾道・西國寺観月能
尾道・西國寺観月能
ホッと瓦版関連ページ
村上選油絵展 リサイタル おいしい尾道キャンペーン第二弾 おいしい尾道キャンペーン ミュージアム・コンサートin尾道市立美術館 リサイタル 尾道市立美術館 おのみちイべント案内 ゼセッション倶楽部 コンサート 萩原麻未ピアノリサイタル ベヒシュタインピアノ・リサイタル sea) フォルテピアノ・レクチャーコンサート 尾道関連イベント情報 なかた美術館 平山郁夫美術館 「谷川俊太郎&谷川賢作」 おのみちホッとコンサート マリア・フォシュストローム アルト・リサイタル 第36回地中海学会大会 鈴木秀美のガットサロンin尾道 Live 「上海青島旅ポス」マチ写展 渡辺貞夫クインテット2012 佐藤アキラ写真展in尾道(1) 音語り「東京物語」 ヴェンダース写真展−尾道への旅− 尾道大学石像彫刻展 伊藤憲孝ピアノ・リサイタル 砂曼陀羅と秘仏特別開帳 尾道薪能 ヨットで日本一周の夢 尾道への旅 映画「かもめ食堂」 尾道 「太陽の黙示録」のかわぐちかいじ チェロ・コンサート 平成の平山郁夫 展 深川和美の童謡サロン・コンサート 「吉川よしひろ」CELLO・DINNER・CONCERT 吉川よしひろの世界 佐藤アキラ写真展in尾道(2) なかたミュージアムコンサート2007 ボーシャン展 なかたミュージアム・コンサートvol.3 Ky 第二回尾道大学石像彫刻展 ニッケルハルパとチェンバロ 「我等、尾道派−東京の集い−」 二つのギャラリー展 二つのアート・コム T 「おのみちアート・コムin東京」報告書U なかたミュージアム・コンサート2008/04 第17回『尾道薪能』 音楽物語「わが心の大正ロマン」 「こどもの本の世界」展 尾道・西國寺観月能 第三回尾道大学石像彫刻展 小林和作「天地豊麗」展 ケビン・コスイナーの「マチ写」展 第2回尾道・西國寺観月能 麦人の朗読会「父と暮らせば」 琵琶百物語 文楽人形(吉田勘緑) 圓鍔勝三彫刻美術館 耕三寺博物館 麦人の朗読会「父と暮らせば」のコピー ウィーン セレナーデ 2006 作陶展 かわぐちかいじ漫画賞受賞祝賀会レポート 砂曼陀羅の続報 武久源造さんのNHKラジオ出演 ジャズユニット<パリャーソ> 武久源造スペシャル 佐藤アキラ写真展 武久源造(チェンバロ)ディナー・コンサート 幻の都 塩川高敏 展 かわぐちかいじ小学館漫画賞受賞祝賀会 能への誘い 山本潤子アコースティックコンサート2006

 2008年10月9日(木)午後6時半、西國寺の金堂を舞台に、観世流シテ方能楽師で重要無形文化総合指定保持者の五十六世梅若六郎氏を招聘しての『尾道・西國寺観月能』が行われる。
 室町初期に建立された真言宗醍醐派大本山西國寺金堂の「造形の美」、鎌倉後期から室町初期に完成をみた能の「幽玄の美」、この二つが融合する様は、まさに日本の美の究極といえる。
 日本の伝統芸術を代表する「能」。その「能」が浄土寺阿弥陀堂(国重文)を舞台に『薪能』として尾道に定着し、春を彩っている。これに秋の西國寺金堂(国重文)を舞台とした『観月能』が実現することで、尾道の芸術文化性を一段と際立たせ、歴史都市・尾道のイメージを決定づけるものだといえる。
 古都・尾道の秋の風情に満ちた舞台に、『能』の世界では第一人者といわれる梅若六郎をはじめ、今年で十七回を数え尾道に定着した浄土寺『薪能』のシテをつとめる吉田篤史、梅若六郎に師事し昨年独立した川口晃平など総勢22名により幽玄な時空が創出されるのだ。
 さらに川口晃平は、尾道出身の漫画家かわぐちかいじのご長男であり、郷土が輩出した芸術家や文化人の志が脈々と継承されていくことも、尾道に潜在する強みなのだと改めて感心するのだ。


<番組>
仕舞
「敦 盛」  川口 晃平
「屋 島」  吉田 篤史
「景 清」  梅若 六郎

狂言
「清 水」
シテ 太郎冠者 茂山 宗彦
アド 主人    茂山七五三

主人は、茶会のたびに水を野中の清水へ汲みに行くように、太郎冠者に命じる。使いに行くのがイヤになった太郎冠者は、「清水に鬼がでた」と嘘をついて帰ってくる。主人は、太郎冠者がおいてきた秘蔵の手桶を惜しがり、自ら清水に行って探してくると言い出す。困った太郎冠者は、先回りして、鬼の面をかぶって主人を脅かす。驚いて逃げ帰ってきた主人だが、もう一度行くと言い出して・・・。


「船弁慶」
シテ 静御前 川口 晃平
   平知盛

子方  義経 鷹尾 雄紀
ワキ  弁慶 福王 和幸
アイ  船頭 茂山 逸平

地頭 梅若 六郎
笛    栗林 祐輔
小鼓 飯田 清一
大鼓 亀井 広忠
太鼓 助川  治

文治の初め、平家討伐の立役者源義経は、不仲になった兄頼朝の疑いを晴らすために、ひとまず都を落ちて西国へと下った。 武蔵坊弁慶以下を引き連れて、摂津の尼崎、大物浦に着いたが、弁慶の薦めを容れてあとを慕ってきた静御前を言い諭して都に返すことにする。弁慶は静の宿を訪ねてこの由を伝えるが、静は弁慶の一存から来たものと誤解し、義経に直訴する。しかし、義経からも重ねて都に帰る由を伝えられ、静は沈む心を引き立たせ、やむなく別離の酒宴に舞を舞う。最後には、烏帽子を脱ぎ捨てて涙ながらに静は帰っていく。
船の用意が出来たが波風は荒い。弁慶は押し切って船を出させた。それでも船頭の様子では順調な船路になりそうだった。するとにわかに天候が変わって、恐ろしい波風が吹き荒れる中、西国で滅んだ平家一門の怨霊が波の上に浮かび現れた。中にも大将平知盛の霊は長刀を引っさげて義経に襲い掛かる。義経は応戦するが、弁慶は割って入り五大明王に祈った。祈られて威力の弱まった怨霊であったが、なおも船に迫る。しかし次第に遠ざかり、海に没して姿を消すと、もとの海上の風景であった。





日 時 2008年10月9日(木)
開 場:午後6時00分、開 演:午後6時30分
会 場 西國寺・金堂
主 催 「尾道・西國寺観月能」実行委員会
共 催 NPO法人おのみちアート・コミュニケーション
後 援 尾道市、広島県教育委員会、尾道市教育委員会、尾道市文化協会
協 力 真言宗醍醐派大本山 西國寺、広島大学 能楽研究会、尾道大学 芸術文化学部美術学科デザインコース、花芸安達流、(社)広島県建築士会


以下、実行委員会によるとチケットをゲットするには下記の方法があるという。 定員500名というから、早めにお求められた方が得策かと...。

◆ チケット◆(8月15日発売開始)
入場料
S席10,000円(指定席)、A席8,000円(自由席)
入場券取扱所
<尾道市>啓文社福屋ブックセンター、なかた美術館、ビサン ゼセッション、 <三原市>啓文社ジャスコ三原店 <福山市>啓文社ポートプラザ店、啓文社コア福山西店 <呉市>啓文社ゆめタウン呉店 <東広島市>啓文社西条店 <廿日市市>啓文社廿日市店 <岡山市>啓文社岡山本店

*通信販売によるチケット販売*
E-mail、FAX叉はハガキで氏名、住所、電話番号、FAX番号をご記入の上、チケットの種類、枚数をお申し込みください。折り返し、振込先をご案内いたしますので、チケット代金に送料(簡易書留郵便)430円を添え、お振込ください。入金を確認後、チケットをお送りいたします。

お問い合わせ・お申込は
NPO法人
おのみちアート・コミュニケーション事務局
722-0045広島県尾道市久保3-8-33
潟rサン ゼセッション内
tel.0848-37-5317  Fax.0848-37-5354

<注意事項> 会場には駐車場はありませんので、バスやタクシー等ご利用ください。
荒天で演技不能の場合は、会場が尾道市公会堂(西國寺から徒歩で10分)に変更となります。
br />
●梅若六郎(うめわか・ろくろう) 観世流シテ方能楽師、重要無形文化総合指定保持者。
現在、人気、実力ともに第一人者として活躍、定廃絶された能の復曲、新作能の上演も積極的に携わり、様々な演出を試みるなど、今日に生きる古典芸能としての能を支えている。海外への能の紹介にも意欲的で、海外初の能面・装束の展覧会を開いたほか、ニューヨーク、パリ、オランダ、ロシアでも公演。ホール能の先駆者的存在でもある。

昭和23年 55世梅若六郎の嫡男として生まれる
  26年 「鞍馬天狗」にて初舞台
  54年 観世流梅若六郎家当主を継承
  63年 56世梅若六郎を襲名
  55年 芸術祭優秀賞
  62年 芸術選奨文部大臣賞
平成 8 年 観世寿夫記念法政大学能楽賞
  11年 讀賣演劇大賞優秀賞、日本芸術院賞ほか受賞多数
  18年 紫綬褒章受章
  19年 日本藝術院会員就任

著書に「まことの花」(世界文化社)。写真集に「能 梅若六郎」(平凡社)がある。

● 川口 晃平(かわぐち こうへい)
シテ方観世流 昭和51年生まれ(尾道出身の漫画家かわぐちかいじの嫡男)。56世梅若六郎に師事。平成13年入門。平成13年初舞台復曲能「降魔」。平成19年独立、能「石橋」を披く。

バックリンク(14) 参照(2251)

路地ニャンシャーロック
会計レジを見る








三井住友外貨宅配
メルマガ登録・解除


路地ニャン公の独り言
copyright bisansecession Powerd by