トップ尾道見聞録 > 浄土寺の庭と露滴庵

浄土寺の庭と露滴庵

静寂を引き込む設えの中に日本の美意識を見る...。
浄土寺の庭と露滴庵
浄土寺の庭と露滴庵
浄土寺の庭と露滴庵
尾道見聞録関連ページ
プリミティブ・モアレ(その2) これが尾道弁じゃ 凹みの美学(3) 凹みの美学(2) 甦ったフェアレディZ432 尾道のピアノ3台物語 長寿ピアノの秘けつ 尾道の巨大なジャスミナム 尾道が「おいしい」事情 尾道のフィレンチェ 川口協治の四コマ漫画 プリミティブ・モアレ(その1) くねくね坂道アート道 凹みの美学 尾道夏祭り「住吉花火大会」 西御所ウォーターフロント 尾道歴史年表 尾道白樺美術館が閉館 小田原散髪店 工房おのみち帆布 尾道東高等学校の正門 向島洋らんセンター 尾道の夏祭り「水祭り」 高見山の風景は「これはもう尾道の宝物」 宮邊海産の洋館 丸万蒲鉾店 魚市場跡の石畳 尾道の冬桜 ちょっと気になる風景(5) 尾道水道、初冬の夕暮れ 小林和作とは 岩屋山から見る尾道夕暮れ ファインダーの中の写真家 尾道中央桟橋 灰屋・橋本家の壁 スリムな家 万年筆の生け簀(す) (ぼたん) ちょっと気になる風景(6) 備三タクシー(株)の公式HP シュガーシャック 尾道夏祭り「祇園祭三体神輿」 ちょっと気になる尾道風景(2) ちょっと気になる尾道風景(3) ちょっと気になる尾道風景(4) なかた美術館 なかた美術館第四展示室 天の邪鬼 浄土寺の庭と露滴庵 SECESSION) タヌキの「ぽんた」 「坂の陸橋」 尾道クレーン物語 和紙専門の「佐藤紙店」 常称寺の山門 常称寺の屋根瓦 浄土寺の初護摩 防地川の石垣 艮神社の大楠 周六(その2) 時計屋の時計看板 尾道水道の浮きドック 尾道水道の浮きドック(その1) 吉源酒造場 防地口の風景 木製電信柱の危機 毛糸屋の毛糸看板 尾道水道の浮きドック(その2) 金剛院の烏天狗 西郷寺 天寧寺の牡丹(2007年) 尾道学寮物語 ちょっと気になる尾道風景(7) 小田原散髪(その2) 真夏の尾道 なかた美術館のチェンバロ 西國寺の櫻 にぎり佛 尾道の「臍(へそ)」 夜の住吉浜公衆電話室 箱入り金木犀 天寧寺2008年 自転車にも天国と地獄 緑豊かな家 なかた美術館の庭園 尾道の如雨露(じょうろ) なかた美術館第一・第二展示室 なかた美術館第三展示室 尾道水道という名の海 空家の秋 尾道ファン倶楽部 これぞ電信柱の原形 小田原俊幸の散髪道 住吉浜公衆電話室 尾道七佛めぐり ちょっと気になる尾道風景(1) 夕暮れ尾道 尾道に住みついたフェアレディZ432 尾道ぽっぽ新聞 がんぼう尾道ラーメン ◎◎おこのみ店

 浄土寺本堂(国宝)の左手にある勅使門。皇室だけがくぐることのできるこの門は皇室家ゆかりの泉涌寺派大本山浄土寺ならではのことか。
 それにしても、この浄土寺の寺紋が足利家の二引きの紋であるという不思議さだ。明治維新以降のある時期に、朝廷の逆臣として歴史の表舞台から抹殺されたはずの足利家の家紋が堂々と浄土寺の寺紋として受け入れられていたとは...。
 京都や奈良の国家権力により建立された寺院とは異なり、尾道の豪商たちによって支えられてきた七堂伽藍は、その規模は幾分小振りながら、実に美しい。
 この伽藍には、見逃すことのできぬ庭園がある。玉座のある方丈の間から望む築山泉水庭は観るものの心を静寂の美の虜にさせるのだ。
 文化三年(1806年)正月中旬の築庭といわれる庭園は、徳島の隠士で雪舟十三代の孫、長谷川川柳の手になるもで、作庭当時の絵図が今も伝えられている。
 そしてこの庭には、文化十一年(1814年)に対岸向島の商人富島家(屋号・天満屋)から浄土寺に寄進・移築された露滴庵(ろてきあん)がある。
 この茶席は伏見城内にあったもので、当時は「燕庵(えんあん)」と呼ばれ、 古田織部好みで、京都・本願寺を経て、向島へ移築されたものである伝えられている。
 この茶席の形式は古く、風格ある建物で桃山時代の創建と考えられ、本席と間2室は浄土寺への移築時に建て増しされたという。
 このたびは、住職の許可を得て、吾輩が庭と「露滴庵」を撮影し、その魅力をお伝えすることにした。





バックリンク(10) 参照(4563)

路地ニャンシャーロック
会計レジを見る








三井住友外貨宅配
メルマガ登録・解除


路地ニャン公の独り言
copyright bisansecession Powerd by