トップ尾道見聞録 > 万年筆の生け簀(す)

万年筆の生け簀(す)

生け簀の中は魚ばかりではない。万年筆の...。
万年筆の生け簀(す)
万年筆の生け簀(す)
万年筆の生け簀(す)
尾道見聞録関連ページ
プリミティブ・モアレ(その2) これが尾道弁じゃ 凹みの美学(3) 凹みの美学(2) 甦ったフェアレディZ432 尾道のピアノ3台物語 長寿ピアノの秘けつ 尾道の巨大なジャスミナム 尾道が「おいしい」事情 尾道のフィレンチェ 川口協治の四コマ漫画 プリミティブ・モアレ(その1) くねくね坂道アート道 凹みの美学 尾道夏祭り「住吉花火大会」 西御所ウォーターフロント 尾道歴史年表 尾道白樺美術館が閉館 小田原散髪店 工房おのみち帆布 尾道東高等学校の正門 向島洋らんセンター 尾道の夏祭り「水祭り」 高見山の風景は「これはもう尾道の宝物」 宮邊海産の洋館 丸万蒲鉾店 魚市場跡の石畳 尾道の冬桜 ちょっと気になる風景(5) 尾道水道、初冬の夕暮れ 小林和作とは 岩屋山から見る尾道夕暮れ ファインダーの中の写真家 尾道中央桟橋 灰屋・橋本家の壁 スリムな家 万年筆の生け簀(す) (ぼたん) ちょっと気になる風景(6) 備三タクシー(株)の公式HP シュガーシャック 尾道夏祭り「祇園祭三体神輿」 ちょっと気になる尾道風景(2) ちょっと気になる尾道風景(3) ちょっと気になる尾道風景(4) なかた美術館 なかた美術館第四展示室 天の邪鬼 浄土寺の庭と露滴庵 SECESSION) タヌキの「ぽんた」 「坂の陸橋」 尾道クレーン物語 和紙専門の「佐藤紙店」 常称寺の山門 常称寺の屋根瓦 浄土寺の初護摩 防地川の石垣 艮神社の大楠 周六(その2) 時計屋の時計看板 尾道水道の浮きドック 尾道水道の浮きドック(その1) 吉源酒造場 防地口の風景 木製電信柱の危機 毛糸屋の毛糸看板 尾道水道の浮きドック(その2) 金剛院の烏天狗 西郷寺 天寧寺の牡丹(2007年) 尾道学寮物語 ちょっと気になる尾道風景(7) 小田原散髪(その2) 真夏の尾道 なかた美術館のチェンバロ 西國寺の櫻 にぎり佛 尾道の「臍(へそ)」 夜の住吉浜公衆電話室 箱入り金木犀 天寧寺2008年 自転車にも天国と地獄 緑豊かな家 なかた美術館の庭園 尾道の如雨露(じょうろ) なかた美術館第一・第二展示室 なかた美術館第三展示室 尾道水道という名の海 空家の秋 尾道ファン倶楽部 これぞ電信柱の原形 小田原俊幸の散髪道 住吉浜公衆電話室 尾道七佛めぐり ちょっと気になる尾道風景(1) 夕暮れ尾道 尾道に住みついたフェアレディZ432 尾道ぽっぽ新聞 がんぼう尾道ラーメン ◎◎おこのみ店

 魚の新鮮な尾道だから、当然生け簀は料理屋に多い。ところが、生け簀の中には魚ばかりではない。この店には「万年筆の生け簀」(写真/上)があったのだ。
 薬師堂通りのまん中あたりに尾道市内で唯一の「平田公明堂」という万年筆の専門店があったが、残念なことに2005年に廃業された。この平田公明堂は、その昔、カーバイドを削って作る手作り万年筆の製造も手掛けていたという。
 ふだんは見なれ過ぎて見逃してしまう風景がある。ご多分に漏れず、平田公明堂(万年筆屋)のショウーウインドも14〜5年くらい前まで吾輩の脳細胞の記憶にはなかった。
 たまたま、現代芸術家というべきか、マルチアーチストというべきか、考え込んでしまうほどの極みの達人で、吾輩が敬愛する赤瀬川原平さんが、町歩きをしているときに発見した物件なのだ。赤瀬川さんの見立てによると「これは万年筆の生け簀だね」
 ご主人の意図的な遊び心か、はたまた、ご自分の仕事の歴史を刻んでいたのか、定かではないが、店前の一番目立つところに万年筆の山。これぞ万年筆屋の看板に相応しい。
 と、いいながら、この風景はもう見ることができない。唯一、軒先きの「万年筆 平田公明堂」の屋号の看板(写真/中)だけが現在も意識的(?)に残されている。
 ちなみに「万年筆の生け簀」は写真(中)の向かって左端にあった。

 吉報がある。平成18年3月4日にオープンした尾道商業会議所記念館(商業会議所設立30周年記念事業として1923年に建設された、当時としては珍しい鉄筋コンクリートの建築物)の1階に、万年筆 平田公明堂のコレクションである手作り万年筆が飾られているのだ。(写真/下)


バックリンク(13) 参照(3552)

路地ニャンシャーロック
会計レジを見る








三井住友外貨宅配
メルマガ登録・解除


路地ニャン公の独り言
copyright bisansecession Powerd by