トップ尾道見聞録 > 浄土寺の初護摩

浄土寺の初護摩

再興700年の浄土寺、真言密教の加持祈祷の奥義を少しばかり....。
浄土寺の初護摩
浄土寺の初護摩
浄土寺の初護摩
尾道見聞録関連ページ
プリミティブ・モアレ(その2) これが尾道弁じゃ 凹みの美学(3) 凹みの美学(2) 甦ったフェアレディZ432 尾道のピアノ3台物語 長寿ピアノの秘けつ 尾道の巨大なジャスミナム 尾道が「おいしい」事情 尾道のフィレンチェ 川口協治の四コマ漫画 プリミティブ・モアレ(その1) くねくね坂道アート道 凹みの美学 尾道夏祭り「住吉花火大会」 西御所ウォーターフロント 尾道歴史年表 尾道白樺美術館が閉館 小田原散髪店 工房おのみち帆布 尾道東高等学校の正門 向島洋らんセンター 尾道の夏祭り「水祭り」 高見山の風景は「これはもう尾道の宝物」 宮邊海産の洋館 丸万蒲鉾店 魚市場跡の石畳 尾道の冬桜 ちょっと気になる風景(5) 尾道水道、初冬の夕暮れ 小林和作とは 岩屋山から見る尾道夕暮れ ファインダーの中の写真家 尾道中央桟橋 灰屋・橋本家の壁 スリムな家 万年筆の生け簀(す) (ぼたん) ちょっと気になる風景(6) 備三タクシー(株)の公式HP シュガーシャック 尾道夏祭り「祇園祭三体神輿」 ちょっと気になる尾道風景(2) ちょっと気になる尾道風景(3) ちょっと気になる尾道風景(4) なかた美術館 なかた美術館第四展示室 天の邪鬼 浄土寺の庭と露滴庵 SECESSION) タヌキの「ぽんた」 「坂の陸橋」 尾道クレーン物語 和紙専門の「佐藤紙店」 常称寺の山門 常称寺の屋根瓦 浄土寺の初護摩 防地川の石垣 艮神社の大楠 周六(その2) 時計屋の時計看板 尾道水道の浮きドック 尾道水道の浮きドック(その1) 吉源酒造場 防地口の風景 木製電信柱の危機 毛糸屋の毛糸看板 尾道水道の浮きドック(その2) 金剛院の烏天狗 西郷寺 天寧寺の牡丹(2007年) 尾道学寮物語 ちょっと気になる尾道風景(7) 小田原散髪(その2) 真夏の尾道 なかた美術館のチェンバロ 西國寺の櫻 にぎり佛 尾道の「臍(へそ)」 夜の住吉浜公衆電話室 箱入り金木犀 天寧寺2008年 自転車にも天国と地獄 緑豊かな家 なかた美術館の庭園 尾道の如雨露(じょうろ) なかた美術館第一・第二展示室 なかた美術館第三展示室 尾道水道という名の海 空家の秋 尾道ファン倶楽部 これぞ電信柱の原形 小田原俊幸の散髪道 住吉浜公衆電話室 尾道七佛めぐり ちょっと気になる尾道風景(1) 夕暮れ尾道 尾道に住みついたフェアレディZ432 尾道ぽっぽ新聞 がんぼう尾道ラーメン ◎◎おこのみ店

 別に仏教徒ではないのだが、吾輩は毎年、真言宗泉涌寺派の大本山・転法輪山浄土寺の初護摩に参加するのが恒例となっている。いや恒例以上に楽しみとなっているといった方が的を得ている。
 尾道が誇る国宝・浄土寺本堂で何百年と続く護摩法要の中に、吾が身を置くことで 何かしら安心感を覚えるのだ。歴史の中の一コマに、吾輩も厳然と存在しているのだという実感なのだろうか。

 力強くカ〜ン、カン、カン...と打ち続けられる雲版(うんぱん)の音を合図に参詣者は、回廊を渡り厳かに本堂内に移動する。本堂入口で僧侶に香を与えられ、両手に擦り込む。
 浄土寺六十七世の小林暢善住職を筆頭に僧侶7〜8名が入堂。秘仏の御本尊・十一面観世音菩薩が安置された須弥壇の前に長老と住職が座し、やがて護摩法要が始まる。大金(だいきん)のゴ〜ンという驚くほど余韻のある美しい音色、僧侶たちの読経が心地よく堂内に響き渡る。
 「おんまか きゃろにきゃ そわか」という十一面観世音菩薩御真言の大合唱と共に大金、大太鼓や木魚が打鳴らされて行く。
 護摩壇に座した住職により護摩木が積み重ねられ、蝋燭の火が移される。さまざまな作法を経て護摩炉の火は鮮やかに燃えたつ。その炎の揺らぎと読経が合い和し神秘的な空間を創りあげて行く。



 余談だが、吾輩は護摩壇のあるものに注目していた。それは写真(下/左)の数本立てられた青竹の筒だ。和紙が巻かれ、「具一切功徳」の下に「尾之道」と書かれていた。オノミチは、浄土寺では「尾之道」と書き伝えられているらしい。古はそのような表記だったのだろう。
 そして、さらに興味をもったのが青竹の筒の中にある「酒ではない酒」である。「はんにゃとう」と一般的に呼ばれる液体で、その漢字はどのようなものかと、好き勝手な想像を巡らせていたのだ。
 今回、その疑問が解けたのだ。「はんにゃとう」とは「般若湯」と書き、護摩の熱で燗をされた「酒でない酒」だったのだ。道理で香ばしい味わいのお湯で、呑んでも呑んでも....と思っていたら、いつの間にか酔っぱらってしまった。



 写真(上/右)は、おみくじ(大吉)のクジで吾輩の手許に届いた干支「亥(イノシシ)」のお守りだが、吾輩の目には愛嬌のある「ブタ」に見えるのだ。
 実はこの見方に間違いはなかった。ご本家である中国の干支は「亥」ではなく「ブタ」であり、財を表わすという。この体内にまたおみくじが入れてあり「吉」であった。

 ちなみに、<大吉>のおみくじには次のように書かれていた。

 「ときくれば 枯木とみえし やまかげの
     さくらも 花の さき においつつ」



バックリンク(8) 参照(4544)

路地ニャンシャーロック
会計レジを見る








三井住友外貨宅配
メルマガ登録・解除


路地ニャン公の独り言
copyright bisansecession Powerd by