トップホッと瓦版 > 吉川よしひろ チェロ・コンサート

吉川よしひろ チェロ・コンサート

平山絵画と共にYOSHIの奏でるチェロの音が心に揺れる...。
吉川よしひろ チェロ・コンサート
吉川よしひろ チェロ・コンサート
吉川よしひろ チェロ・コンサート
ホッと瓦版関連ページ
村上選油絵展 リサイタル おいしい尾道キャンペーン第二弾 おいしい尾道キャンペーン ミュージアム・コンサートin尾道市立美術館 リサイタル 尾道市立美術館 おのみちイべント案内 ゼセッション倶楽部 コンサート 萩原麻未ピアノリサイタル ベヒシュタインピアノ・リサイタル sea) フォルテピアノ・レクチャーコンサート 尾道関連イベント情報 なかた美術館 平山郁夫美術館 「谷川俊太郎&谷川賢作」 おのみちホッとコンサート マリア・フォシュストローム アルト・リサイタル 第36回地中海学会大会 鈴木秀美のガットサロンin尾道 Live 「上海青島旅ポス」マチ写展 渡辺貞夫クインテット2012 佐藤アキラ写真展in尾道(1) 音語り「東京物語」 ヴェンダース写真展−尾道への旅− 尾道大学石像彫刻展 伊藤憲孝ピアノ・リサイタル 砂曼陀羅と秘仏特別開帳 尾道薪能 ヨットで日本一周の夢 尾道への旅 映画「かもめ食堂」 尾道 「太陽の黙示録」のかわぐちかいじ チェロ・コンサート 平成の平山郁夫 展 深川和美の童謡サロン・コンサート 「吉川よしひろ」CELLO・DINNER・CONCERT 吉川よしひろの世界 佐藤アキラ写真展in尾道(2) なかたミュージアムコンサート2007 ボーシャン展 なかたミュージアム・コンサートvol.3 Ky 第二回尾道大学石像彫刻展 ニッケルハルパとチェンバロ 「我等、尾道派−東京の集い−」 二つのギャラリー展 二つのアート・コム T 「おのみちアート・コムin東京」報告書U なかたミュージアム・コンサート2008/04 第17回『尾道薪能』 音楽物語「わが心の大正ロマン」 「こどもの本の世界」展 尾道・西國寺観月能 第三回尾道大学石像彫刻展 小林和作「天地豊麗」展 ケビン・コスイナーの「マチ写」展 第2回尾道・西國寺観月能 麦人の朗読会「父と暮らせば」 琵琶百物語 文楽人形(吉田勘緑) 圓鍔勝三彫刻美術館 耕三寺博物館 麦人の朗読会「父と暮らせば」のコピー ウィーン セレナーデ 2006 作陶展 かわぐちかいじ漫画賞受賞祝賀会レポート 砂曼陀羅の続報 武久源造さんのNHKラジオ出演 ジャズユニット<パリャーソ> 武久源造スペシャル 佐藤アキラ写真展 武久源造(チェンバロ)ディナー・コンサート 幻の都 塩川高敏 展 かわぐちかいじ小学館漫画賞受賞祝賀会 能への誘い 山本潤子アコースティックコンサート2006

財団法人 平山郁夫美術館開館10周年記念事業

「(前略)....チェロという楽器から、本来の音色のほかに、ジャズギター、スパニッシュギター、二胡、ウッドベース、津軽三味線、パーカッションなどとまがうような、信じられないほど多彩な音色を引だしノ.ひとりのチェロ奏者がマイクのまえで自分と向き合っている光景である。孤高、というほどさびしくはないが、その姿は凛として、強い意志に貫かれている。.....(後略)」田中啓文(小説家)

●開催日時/2007年4月17日(火)
    開演:19:00(開場:18:30)、終演:20:20
●会場/平山郁夫美術館 第3展示室
●主催/平山郁夫美術館
●協力/おのみちホッとコンサート
●協賛/丸善製薬株式会社
●チケット/2,000円(200名限定)

演奏曲目
ドゥ・アイズ、タイムズ スクエア・U、僕のアランフェス協奏曲、竹田の子守唄など

●チケット(2月下旬販売予定)販売所/平山郁夫美術館・尾道市因島市民会館・しまなみ交流館・ビサン ゼセッション

●お問い合わせは
  平山郁夫美術館(TEL 0845-27-3800)
* 未就学児童の入場はご遠慮ください。
* 演奏曲目が当日変更になることもありますので、予めご了承ください。

吉川よしひろ(チェリスト)プロフィール

山形県鶴岡市大山出身。
A.N.Music Scool卒業後、有名トップアーティストのツアーをサポートするかたわら、スタジオミュージシャンとして活動、様々なアーティストのレコーディングに参加する。近年、世界でも数少ないJAZZ・ヒーリング音楽を融合させた即興チェリスト として、渡辺香津美(G)グループのコンサートツアー・JAZZフェスティバルに参加。

2003年
2月移住・アメリカ政府公認のアーティストビザ取得後・NEW YORKで本格的に音楽活動、現在NYを拠点に、NYと日本を頻繁に往来しながら、アメリカ国内での演奏活動と日本全国・世界各地での積極的な音楽活動を展開中!

2005年
4月11月 NY・ブルックリンのTVスタジオ 「B CAT」音楽TV番組「ウェルカム・ アボードライブ」に2回にわたり日本人として初・ゲスト出演する! 4月 NYマンハッタンにて本格的コンサート開催、大称賛を浴びる! 8月 オーストラリア公演2005・五公演遂行! ツーウーンバ・リージョナル・アート・ギャラリーの公演ではオーストラリア国内新聞に「彼は革新的なJAZZチェロ奏者である」と大きく写真入りで紹介記事が掲載される。
9月 WEST・NEW YORKで行われたエラント財団主催ポロイベントの追悼式典で、日本人として初めて9・11ワールド・トレイディング・センターの犠牲者に捧げて「アメージング・グレイス」を演奏する! 9月 「Goshen Jazz Festival 2005」に日本人として初ゲスト出演。 12月 ドキュメンタリーTV番組「自由にチェロを奏でたい」(1時間30分番組)がNHK総合:NHK福島放送局:製作で放送され反響を得る。

2006年
6月 カリフォルニア州サクラメント市で開催の「THE NEW DIRECTIONS CELLO FESTIVAL」に日本人として初ゲスト出演決定!

*特筆すべきは、彼の奏でるスタンディング“一人チェロ・パフォーマンス”の世界は従来のCELLO奏法の手法を絶する 斬新で・かつ想像を越えたものであるという点にあり、そのオリジナルなサウンドは世界各地で多くのオーディエンスを魅了し続けている。

吉川よしひろオフィシャルサイト

バックリンク(8) 参照(2848)

路地ニャンシャーロック
会計レジを見る








三井住友外貨宅配
メルマガ登録・解除


路地ニャン公の独り言
copyright bisansecession Powerd by