トップ尾道見聞録 > 常称寺の山門

常称寺の山門

今は慎ましい時宗の寺・じょうしょうじの山門だが...。
常称寺の山門
常称寺の山門
常称寺の山門
尾道見聞録関連ページ
プリミティブ・モアレ(その2) これが尾道弁じゃ 凹みの美学(3) 凹みの美学(2) 甦ったフェアレディZ432 尾道のピアノ3台物語 長寿ピアノの秘けつ 尾道の巨大なジャスミナム 尾道が「おいしい」事情 尾道のフィレンチェ 川口協治の四コマ漫画 プリミティブ・モアレ(その1) くねくね坂道アート道 凹みの美学 尾道夏祭り「住吉花火大会」 西御所ウォーターフロント 尾道歴史年表 尾道白樺美術館が閉館 小田原散髪店 工房おのみち帆布 尾道東高等学校の正門 向島洋らんセンター 尾道の夏祭り「水祭り」 高見山の風景は「これはもう尾道の宝物」 宮邊海産の洋館 丸万蒲鉾店 魚市場跡の石畳 尾道の冬桜 ちょっと気になる風景(5) 尾道水道、初冬の夕暮れ 小林和作とは 岩屋山から見る尾道夕暮れ ファインダーの中の写真家 尾道中央桟橋 灰屋・橋本家の壁 スリムな家 万年筆の生け簀(す) (ぼたん) ちょっと気になる風景(6) 備三タクシー(株)の公式HP シュガーシャック 尾道夏祭り「祇園祭三体神輿」 ちょっと気になる尾道風景(2) ちょっと気になる尾道風景(3) ちょっと気になる尾道風景(4) なかた美術館 なかた美術館第四展示室 天の邪鬼 浄土寺の庭と露滴庵 SECESSION) タヌキの「ぽんた」 「坂の陸橋」 尾道クレーン物語 和紙専門の「佐藤紙店」 常称寺の山門 常称寺の屋根瓦 浄土寺の初護摩 防地川の石垣 艮神社の大楠 周六(その2) 時計屋の時計看板 尾道水道の浮きドック 尾道水道の浮きドック(その1) 吉源酒造場 防地口の風景 木製電信柱の危機 毛糸屋の毛糸看板 尾道水道の浮きドック(その2) 金剛院の烏天狗 西郷寺 天寧寺の牡丹(2007年) 尾道学寮物語 ちょっと気になる尾道風景(7) 小田原散髪(その2) 真夏の尾道 なかた美術館のチェンバロ 西國寺の櫻 にぎり佛 尾道の「臍(へそ)」 夜の住吉浜公衆電話室 箱入り金木犀 天寧寺2008年 自転車にも天国と地獄 緑豊かな家 なかた美術館の庭園 尾道の如雨露(じょうろ) なかた美術館第一・第二展示室 なかた美術館第三展示室 尾道水道という名の海 空家の秋 尾道ファン倶楽部 これぞ電信柱の原形 小田原俊幸の散髪道 住吉浜公衆電話室 尾道七佛めぐり ちょっと気になる尾道風景(1) 夕暮れ尾道 尾道に住みついたフェアレディZ432 尾道ぽっぽ新聞 がんぼう尾道ラーメン ◎◎おこのみ店

 「ええい、無礼者!!」とは云っていないが、時代が時代であれば許されないだろうね。初めに山門ありきのはずが、三階建ての民家が大いばりで建っていて、どうみても山門が縮こまっている。ここは石屋町から国道に抜ける常称寺参道に建つ山門だ。
 実は、この山門、文和二年(1353年)の建立で、国宝の寺・浄土寺の山門(国重文)と肩を並べる優れた建築なのだ。
 この常称寺は、明治時代に山陽鉄道によって境内を分断された神社仏閣の一つだ。昭和の時代には、尾道最古の氏神で大同元年(806年)建立と伝えられる由緒正しき艮神社の真上にロープウエィを設置し、我が物顔に上下させているという何とも大胆な行為も同じようなものか。
 現代であれば、そんな暴挙は許されるはずもないが、吾輩は尾道はそうしたことも総べて許してきた、懐の深い町なのだと思うことにしている。

 話を戻して、この常称寺は、その昔、足利尊氏が暦応三年(1340年)に七堂伽藍を建立した寺で、その後炎上、再建、焼亡を重ねながら、江戸時代には中国四国九州では最高位の時宗寺院であったという。
 尾道の夏祭りを代表する一つ、神輿の三体廻しで有名な祇園社も、この寺域内にあったが、明治新政府による廃仏毀釈(神仏分離令)によって、現在の久保の八坂神社に移された。その名残りとして、常称寺の山門には、三体神輿を象徴する巴紋が見られるのだ。



 室町時代のこの山門は、いまやビニールシートをかけられ、瀕死の状態だ。尾道人が守り伝える必要のある文化財だと思うのだが..、何とか早急に大修理されることを願っている。


 吾輩の願いで叶ったというわけではないが、この山門、2007年末に目出たく、国の重要文化財に指定されたそうな。
 そして、山陽日日新聞によれば、2008年7月12日(土)、三体神輿が午後6時、久保新開の八坂神社(通称:明神さん)を出発し、この山門をくぐり、山陽本線を渡って、常称寺本堂に並び置かれ、明治以来の139年振りに本尊・阿弥陀如来と再会する。本堂では、川崎住職と尾道市内、福山市、三原市の尾道門中の時宗寺院の僧侶が三体神輿(祇園神)へ「般若心経」を読経し、神仏混合時代さながらの仏式による儀式を執り行うという。
 その後、三体神輿は時宗僧侶による念仏(南無阿弥陀仏)に見送られながら、常称寺を出発、例年通り、午後7時過ぎに渡し場(尾道渡船前)で勇壮な三体廻しを行う。尾道は祭りが実によく似合うねぇ。

バックリンク(9) 参照(4588)

路地ニャンシャーロック
会計レジを見る








三井住友外貨宅配
メルマガ登録・解除


路地ニャン公の独り言
copyright bisansecession Powerd by