トップお好み焼き > いわべえ

いわべえ

油岩(ゆいわ)のいわべえには長〜い歴史がある...。
いわべえ
いわべえ
いわべえ

 長江口から薬師堂通りに下り、本通り商店街を尾道駅方面に入って右手五軒目、風情のある漆喰の壁に屋号の『油岩(ゆいわ)』と彫られたどっしりとしたムクの木製看板を掲げる店がある。この店、4分の3が漆器屋さんで、残り4分の1がお好み焼き店『いわべえ』だ。
 漆器屋『油岩』の歴史は、江戸時代にさかのぼるという。もともとは、油屋『岩兵衛(いわべえ)』という屋号を持つ尾道の商人(あきんど)であった祖先が、1804年(文化元年)に油屋から漆器屋に転業、屋号も油屋の「油」と岩兵衛の「岩」をとり、『油岩』としたという。
 ということは、この漆器屋さんは今年(2006年)で202年も続く漆器屋の老舗か...と吾輩はひとりごと。

 そういうわけで、ここのご主人は数えて九代目、団塊世代ど真ん中の藤井央(ひろし)というお方だ。そんな九代目が祖先に習ってか、偶然か、年号の変わり目の平成元年、転業ではなく多角化で『お好み焼き』を始めた。それ以来、奥さんと二人三脚で(写真/上の下)漆器屋「油岩」とお好み焼きの「いわべえ」を切盛りする。創業18年目のお好み焼き「いわべえ」の由来がお分かりいただけただろうか。
 さて、いよいよ本題に移ろう。『いわべえ』のお好み焼きメニューは、いわべえ、スタミナ、ミックス、シーフード、イカ天入り、スナズリ、ブタと焼うどんに焼そば、そして季節限定で牡蠣入りがある。すべてのお好み焼きにはうどん叉はそばが入っている。
 中でも「いわべえ」はもち、ブタ、イカ天入りの看板メニューだ。これにお好みで山盛りのネギ(100円)かけも可能だ。お好み焼きの焼き方は、一部尾道風だが、テコで押さえず、広島風に蒸し焼きにする。
 興味を引くのは、戦前に流行ったという「一銭洋食(いっせんようしょく)」を8年前に再現し、特別メニューに加えたことだろう。
 「一銭洋食」(写真/下)の焼き方はもちろん尾道風で、お玉で生地を鉄板の上に円を描きながら焼くことから始まる。
 次に生地に削り節をかけ、薄切りレンコン、蒲鉾の具を順次載せていくのだが、『いわべえ』では新たにキャベツを加える。あとはテコで力強く押さえて焼く。「一銭洋食」の最後の味付けは、お好み焼きとは違ってウスターソースだ。
 不思議なことに、この店のメニューには肉(牛)がない。BSEの影響かと聞いてみたら、『全く無関係』との回答。総じて、お好み焼き『いわべぇ』の隠し味は、天カスと少量のラードだ。

お店の情報
店名
いわべえ
住所
十四日元町1-23
電話
0848-37-2325
定休日
木曜日(祝日は営業)
営業時間
11時30分〜15時00分、17時00分〜19時30分頃
価格帯
520円〜1,300円
創業
2000年
席数
14席
駐車場
なし
品数
10品目(焼うどん、やきそば含む)
誰が焼くか
店主
焼き方
尾道風で広島風
席形式
カウンター
のれん
あり
おでん
なし。但し、酒の肴あり。
禁煙
喫煙可

屋号度
内装年季度
店主密着度

バックリンク(24) 参照(5587)

路地ニャンシャーロック
会計レジを見る








三井住友外貨宅配
メルマガ登録・解除


路地ニャン公の独り言
copyright bisansecession Powerd by