トップお好み焼き > ぽんた

ぽんた

タヌキの「ぽんた」とお好み焼きの関係はいかに...。
ぽんた
ぽんた
ぽんた

 「ぽんた」という屋号を聞いて、吾輩はちょっと興味を覚えた。何だか分らないが、タヌキを連想させたのだ。
 かつては昼寝寺といわれ、親しまれていた浄土真宗浄泉寺の土塀に沿って、真言宗醍醐派大本山の西國寺に通じる緩やかな坂道を昇る。レンガ坂入口を右手に見ながら、右折し西郷寺に抜ける古寺めぐりコースに入るとすぐ左手に「ぽんた」があった。
 店先には想像通り、沢山のタヌキの焼き物が置かれている。のれんをくぐり中に入った。先客の御婦人方がお好み焼きを食べながら、歓談していた。
 「ぽんた」はご主人と奥さんの二人三脚で営まれている。開業は2001年というから、「まだ新しいんだ」と思って詳しく聞いてみると、そうではない。
 実は、この店の裏あたりで40年くらい「お好み焼き」を営んでいたお婆さんが、廃業することになった。ちょうどその頃、ご主人渡辺さんが病でサラリーマンを止め、術後の自宅療養を始めたので、奥さんが「お好み焼き」屋をしようと思い立ったのだ。
 世の中いいこともあるもので、お好み焼きのベテランのお婆さんが、設備から技術まで、40年の歴史を総べて渡辺さん夫婦に伝授しようということになった。
 俗にいう「のれん分け」以上のもので、お好み焼き屋「ぽんた」は店名を新たにして45〜46年は継承されてきたものだと解釈できる。
 店内には、その広さに比べ、やや小振りの鉄板とカウンター、椅子の組み合わせが二組置かれている。一つの鉄板は繁忙時期に備えてただいま休眠中といったような感じで、段ボールで蓋がしてあった。
 仕入れはちょっと陽気なご主人の担当で、焼く係が奥さんだ。生真面目な奥さんはお好み焼きに全身全霊を注ぎ込み、どちらかといえば口数が少ない。生地を丁寧にお玉の底で丁寧に丸く延ばす。削り節をパラパラとまき、その上にキャベツ、麺をギュッ、ギュッと押さえながら置いて行く。その傍ら、注文に応じた魚介類や肉など具を鉄板で焼き、その上に載せ、更にこの店の特徴であるネギと天かすを置き、最後は再び生地を全体に垂らして焼き上げて行く。
 奥さんは最後の最後まで力を抜かない。そんな姿勢で焼き上げるだけに、忙しく成ればなるほど余計に無口になって、お客に無愛想だと誤解されることがあるという。
 そんな奥さんだが、ご主人とぽんたのことになると饒舌になる。「お客さん、後ろの絵をみてくださいよ。主人が書いたんですよ。」と誇らし気だ。壁には静物画が数多く飾られていた。ご主人は額を作ることに興味を覚え、その制作に没頭していたが、いつしか今度はその中身を創ろうと絵を描き始めたという。日曜画家としてはなかなか力作だ。そしてその下には、タヌキの「ぽんたご夫妻(?)」のツーショットが大切に飾られていた。
 お好み焼きを食べながら、店主の渡辺ご夫妻と歓談していると時間を忘れてしまった。

<追伸>「ぽんた」の営業時間は朝10時から夕刻の大体19時頃ということだが、19時過ぎて「のれん」がかかっていなくても、店内に明かりがあれば、遠慮なく引き戸を開ければ良い。快く応対してくれる筈。定休日でも事前に予約しておけば、お好み焼きにありつける確率は極めて大きい

お店の情報
店名
ぽんた
住所
西久保12-34
電話
0848-37-6128
定休日
月曜日(祝日の場合は翌日の火曜日)
営業時間
10時00分〜19時頃
価格帯
500〜1,000円
創業
1999年(1959年頃)
席数
12席
駐車場
なし
品数
7品目(焼うどん、やきそば含む)
誰が焼くか
店主
焼き方
尾道風
席形式
カウンター
のれん
あり
おでん
10〜12種類あり
禁煙
喫煙可

屋号度
内装年季度
店主密着度

バックリンク(24) 参照(3753)

路地ニャンシャーロック
会計レジを見る








三井住友外貨宅配
メルマガ登録・解除


路地ニャン公の独り言
copyright bisansecession Powerd by