トップホッと瓦版 > 坂田明Trio Jazz Live

坂田明Trio Jazz Live

向島洋らんセンターで坂田明、黒田京子、水谷浩章が熱演!...。
坂田明Trio Jazz Live
坂田明Trio Jazz Live
坂田明Trio Jazz Live
ホッと瓦版関連ページ
村上選油絵展 リサイタル おいしい尾道キャンペーン第二弾 おいしい尾道キャンペーン ミュージアム・コンサートin尾道市立美術館 リサイタル 尾道市立美術館 おのみちイべント案内 ゼセッション倶楽部 コンサート 萩原麻未ピアノリサイタル ベヒシュタインピアノ・リサイタル sea) フォルテピアノ・レクチャーコンサート 尾道関連イベント情報 なかた美術館 平山郁夫美術館 「谷川俊太郎&谷川賢作」 おのみちホッとコンサート マリア・フォシュストローム アルト・リサイタル 第36回地中海学会大会 鈴木秀美のガットサロンin尾道 Live 「上海青島旅ポス」マチ写展 渡辺貞夫クインテット2012 佐藤アキラ写真展in尾道(1) 音語り「東京物語」 ヴェンダース写真展−尾道への旅− 尾道大学石像彫刻展 伊藤憲孝ピアノ・リサイタル 砂曼陀羅と秘仏特別開帳 尾道薪能 ヨットで日本一周の夢 尾道への旅 映画「かもめ食堂」 尾道 「太陽の黙示録」のかわぐちかいじ チェロ・コンサート 平成の平山郁夫 展 深川和美の童謡サロン・コンサート 「吉川よしひろ」CELLO・DINNER・CONCERT 吉川よしひろの世界 佐藤アキラ写真展in尾道(2) なかたミュージアムコンサート2007 ボーシャン展 なかたミュージアム・コンサートvol.3 Ky 第二回尾道大学石像彫刻展 ニッケルハルパとチェンバロ 「我等、尾道派−東京の集い−」 二つのギャラリー展 二つのアート・コム T 「おのみちアート・コムin東京」報告書U なかたミュージアム・コンサート2008/04 第17回『尾道薪能』 音楽物語「わが心の大正ロマン」 「こどもの本の世界」展 尾道・西國寺観月能 第三回尾道大学石像彫刻展 小林和作「天地豊麗」展 ケビン・コスイナーの「マチ写」展 第2回尾道・西國寺観月能 麦人の朗読会「父と暮らせば」 琵琶百物語 文楽人形(吉田勘緑) 圓鍔勝三彫刻美術館 耕三寺博物館 麦人の朗読会「父と暮らせば」のコピー ウィーン セレナーデ 2006 作陶展 かわぐちかいじ漫画賞受賞祝賀会レポート 砂曼陀羅の続報 武久源造さんのNHKラジオ出演 ジャズユニット<パリャーソ> 武久源造スペシャル 佐藤アキラ写真展 武久源造(チェンバロ)ディナー・コンサート 幻の都 かわぐちかいじ小学館漫画賞受賞祝賀会 能への誘い 山本潤子アコースティックコンサート2006

2010年の異常な暑さの夏を吹っ飛ばすコンサートをご紹介しよう。
パワフルな演奏で観客を魅了する広島県呉市出身の坂田明率いる『坂田明 Trio』の Jazz Liveだ。この企画は、昨年に引き続き第2回目となる<銀の道・浪漫コンサート>で、尾道と大森のネットワークで実現したもの。


おのみち会場
2010年9月29日(水)
■向島洋らんセンター
■時間/Open:18:30 Start:19:00
■チケット/前売¥3,500 当日¥4,000
■定員/200名(全席自由)
■お問い合わせ/ビサン ゼセッション
  tel. 0848-37-5317

石見銀山会場
2010年9月29日(水)
■大森町並み交流センター
■時間/Open:16:30 Start:17:00
■チケット/前売¥3,500 当日¥4,000
■交流会/前売のみ¥2,500(定員30名程度)
      *19:30〜阿部家にて(大森町駒の足)
■定員/150名(全席自由)
■お問い合わせ/バーボン友の会(群言堂内:出原)
  tel. 0854-89-0131

■出演坂田明、黒田京子、水谷浩章

主催/NPO法人おのみちアート・コミュニケーション
共催/銀の道・浪漫コンサート実行委員会、(株)他郷阿部家
後援/
広島県、島根県、尾道市、大田市、美郷町、飯南町、島根県教育委員会、大田市教育委員会、石見銀山テレビ放送(株)、山陰中央新報社



プロフィール
■坂田明(さかた あきら/写真上)
–サッ/クス、クラリネット奏者–
1945年生まれ、広島県呉市出身。広島大学水畜産学部水産学科卒業。1969年、東京でグループ『細胞分裂』を結成。1972年「山下洋輔トリオ」に参加、メールス(Maers)ニュージャズ・フェスティバル、ベルリン・ジャズフェス、モントルー・ジャズフェス、ニューポート・ジャズフェス等様々なフェスティバルに出演。1979年末まで在籍する。
1980年より自己のトリオを結成。以来、様々なグル−プの結成、解体を繰り返しながら音楽シ−ンの最前線を目指す。2005年春には、ジム・オルークとの共同プロジェクトをスタート、『およばれ/テトロドトキシン』(2005年)、『かなしい/explosion』(2006年)を発表する。日本チェルノブイリ連帯基金のために作ったCD「ひまわり」(2006年)が話題を集める。2007年東京薬科大学生命科学部客員教授に就任。2009年3月「坂田明&ちかもらち」(ダーリン・グレイ、クリス・コルサーノ)でスウェーデン「パースペクティブス2009」に招待され、ヨーロッパ・ミニツアー。5月、同ちかもらち+ジム・オルークで日本ツアー。6月「坂田明trio」(黒田京子P、水谷浩章B)を結成。2010年現在は「坂田明Trio」、「坂田明&chikamorachi 」及び、内外を問わずさまざまなミュージシャンとフリー・セッションを行なう。


■黒田京子(くろだ きょうこ/写真中)
−ピアニスト−
東京都府中市生まれ。1980年代後半、自ら主宰したワークショップ「オルト」では、ブレヒト・ソングを素材に、ジャズだけでなく、演劇やエレクトロニクスの音楽家たちと脱ジャンル的な場作りを行う。1990年以降、坂田明(as)などのバンドメンバーや、演劇や朗読の音楽を長期に渡って務める他、無声映画への音楽提供、ジャズ講座の講師を担当するなど、その活動の幅はたいへん広い。2000年には「オルトペラ・アンサンブル」による音楽劇の公演を行う。2004年からは太田惠資(vln)と翠川敬基(cello)とのピアノ・トリオの活動を始め、近年は即興演奏を主体とした演奏活動を行っている。2006年、オルト・ミュージックを立ち上げ、コンサートの企画も手掛ける。

■水谷浩章(みずたに ひろあき/写真下)
−アコースティック・ベース奏者−
20歳の頃より音楽活動を開始する。アコースティック・ベースを吉野弘志氏に師事。独自のスタイルでエレクトリック・ベース、アコースティック・ベースを操り、その幅広い音楽性とグルーヴには定評がある。今堀恒雄(G)「Tipographica」のレコーディング、フランスツアーなどに参加('95〜'97)。加古隆(P)「色を重ねて」に参加('97〜)。南博(P)カルテット('98〜)にてデンマークツアー参加。大友良英「NEW JAZZ QUINTET」('99〜)にて数々のヨーロッパツアーに参加。山下洋輔(P)のグループにて数々のジャズフェスティバル、ヨーロッパツアーなどに参加('00〜)。柳原陽一郎、太田朱美などをプロデュース。現在は、自己のグループ「phonolite 」(Flute、Sax、Trombone 、Cello等を含む12人編成の変則ジャズ・オーケストラ)をはじめ、多数のバンドのレギュラー・メンバー、作曲家、アレンジャー、プロデューサーとして活躍中。


大きな地図で見る 

バックリンク(14) 参照(3957)

路地ニャンシャーロック
会計レジを見る








三井住友外貨宅配
メルマガ登録・解除


路地ニャン公の独り言
copyright bisansecession Powerd by