トップぐるグルメ情報 > Aトレイン

Aトレイン

ジャズとピアノとカクテルと、ちょっとオシャレな大人の世界...。
エートレイン

エートレイン

エートレイン


 グランドピアノがカウンタ−と同じくらいのスペ−スを占める店内は、ちょっぴりオシャレで大人の雰囲気が漂う。ジャズが流れるこの店で、タキシ−ドを着こなしたオ−ナ−・バーテンダー林基史さん(写真/中)がお客を迎える。
 林さんは京都で学生生活を過ごし、卒業後も京都に留まり好きだったバーデンダーの修行をした。その後帰郷し、このエートレインでプロのバーテンダーとして7年間腕を振るった。
 そして2006年4月、ついにオーナー・バーテンダーとして新たなスタートを切ったのだ。
 この店では、お客は最高に贅沢な注文ができた。例えば、思い付きのイメージで「“大平洋ひとりぼっち”を」と、スタッフに伝えると、「ハイ、かしこまりました」との答え。やがて豊かな創造力を発揮し、イメージにふさわしいオリジナル・カクテルを作り始める。お客は、味は無論のこと、その作品説明にも感心するのだ。
 そんなエートレインの良き伝統を受け継ぎながらも、新しくオーナーとなった林さんは独自の世界を創ろうとしている。
 一つの例が、スコッチウィスキーの品揃えだ。集められたスコッチウイスキーはシングルモルトとブレンディッド・ウィスキーを合わせて約100種類。お客の好みに合わせセレクトし、その一つひとつを丁寧に説明しながら、グラスに注ぐ。
 この店では、スコッチ、アイリッシュ、ウエリッシュウィスキーのみならず、さまざまなお酒の蘊蓄に耳を傾けるのも、お客の楽しみの一つだ。そればかりではない。彼は大の映画好きで、その知識は並外れているのだ。
 エートレインはちょっとオシャレな大人の世界を静かに楽しめる店。ロックグラスの氷を見れば、プロのバーテンダーの意気込みが感じられ、納得がいくだろう。尾道でおいしいカクテルが楽しめる数少ない店の一つだ。

 ほとんどの客は気付かないが、この店には何とイラストレーター黒田征太郎氏の落書きがある。



 広いスペースとは言えないAトレインだが、その1/3をグランドピアノが占めている。
 このピアノ、かつてはライブ演奏もあってすこぶる美しい音色を奏でていたが、今ではあまり使われていない。それでも年に4、5回は武久源造氏が尾道にやって来ては、この店で特別にオーダーしたカクテルを飲みながら、即興のジャズや自作のオリジナル曲、クラシックに興じるのが定番となっている。その演奏は、これまた絶品なのだ。
 それにしても、あれほどアルコールを飲み干しながら、よくも弾けるものだと吾輩は感心するのだ.。



久保2-14-9 TEL 0848-37-1563    Pなし
営業時間/19:00〜24:00  定休日/日曜日、祝日




大きな地図で見る 

バックリンク(21) 参照(4473)

路地ニャンシャーロック
会計レジを見る








三井住友外貨宅配
メルマガ登録・解除


路地ニャン公の独り言
copyright bisansecession Powerd by