トップページ 

尾道町を歩けば猫に当たるわけではないが、路地には実に個性的な柄の猫が……

猫/Neko> 尾道の猫2/CatsinOnomichi2

尾道の猫2/CatsinOnomichi2


尾道の猫2/CatsinOnomichi2

車両整備工場で発見!!野良猫の貴公子


備三タクシー本社(尾道市山波町3101-9)に併設されている車両整備工場の中で、野良猫がうろちょろしているのは知っていたが、初めて対面してびっくりした。
『シンプルな白と黒でコーディネートされたロンゲの装い。まっすぐ見つめるオレンジ色の瞳が印象的だ。これはタダ者ではない!!
何ともの言えぬ高貴な品位をほのかに放っている。これはそんじょそこらの野良猫とは違う。猫の貴公子として育てられる運命にあった子猫が、何の因果か不運にも路地裏に置き捨てられた。そこへ通りすがりの優しい猫が不憫に思い、吾が子のように育てあげた…。見るがいい、それを伺わせるように傍らには執事のように黒光りした毛並みの黒猫が付かず離れず居ることからも伺える。これはヨーロッパの某国王室のスキャンダルを彷彿させる出来事かも。』とは、想像たくましき吾輩・路地ニャン公の妄想だ。
と、ここまで書いて、ご紹介したい執事のような黒猫の証拠写真を撮るのを忘れてしまったことに今気付いた。

あれから1カ月は経ったような気がする。何気なくタクシーの整備工場に目をやると、偶然にも黒猫が陽あたりの路上に礼儀正しく座っているのを発見した。吾輩は大急いでiphneを構えて、黒猫に話かけながら近づき、パチリとシャッターを押した。尾道の猫2/CatsinOnomichi2
(2020年3月19日)

何だ、何だ? 何か面白いことあるのか?


朝、いちじくをコンフチュールに加工するため、『ばるGocci』のシェフに届けようと軽四で久保本通りから石屋町小路に入ろうと左折しかかったところで、面白い光景が目に飛び込んで来た。すぐさま車を止めて、大急ぎでiphoneを握り車を降りて、その方向へカメラを向けた。二匹の猫が喫茶店の入口のはめ込みガラスに顔を押し付けるようにお行儀よく並んで座り、中を覗き込んでいる!
「何だ、何だ? お何か面白いことあるかな?」と思っていたら、一匹が吾輩の気配を感じたのか、フ〜ムと振り返ったが、中のことが気になって吾輩の存在を無視し、再び顔をガラスにぴったりつけて覗き込んだ。
その後、店のドアが開き、お店の人が持って出てきたのは....二匹の野良猫のための朝飯だった。そして、写真をよく見ると、二匹の猫の右手には、店内から外に向けて何かをアピールしたメッセージ”酵素玄米カフ”という文字。その下には猫のイラストに並んでOPとある。このOPとは何か?『オプションで猫をつけます?!』ではないと思うが...。この界隈には、猫の地域ケアシステムが充実しているようで、必ず何匹かの猫を見かける。尾道の猫2/CatsinOnomichi2
尾道の猫2/CatsinOnomichi2
(2020年10月19日)

今度は2匹から4匹、コロナ禍でも、互いを信頼し寄り添う猫。


吾輩の主人の報告によれば、『小雨の降る中、車のエンジンをかけ、お得意先(尾道駅から2〜3km西)の駐車場を出て4〜5m走らせたところ、左側の家屋の前で何やら黒っぽい毛の塊らしきものが目に留まった。車を止めて、よく観ると猫の塊だとわかり、急いで車窓からiphoneのカメラを向けて、パチリ。尾道の猫2/CatsinOnomichi2

この写真をみると、どうやら猫の家族が防寒のために群がっていることがわかった。その数、4匹くらい、母猫と子猫3匹と吾輩は観た。この猫たちは、日頃は外に居て自由気ままな日常を楽しみ、水と食物だけはこの家屋の主に依頼するという自由契約(いわゆる半野良)の家猫なのだろうか。そんなことを想像しながら、吾輩はその場を走り去った。
しばらく走って、吾輩はふと今朝のテレビの国際ニュースで、トルコの猫事情が放映されていたのを思い出した。
それによると、イスラム教の開祖ムハンマドは大変猫好きで、そのためイスラム教徒は、猫を「神聖な生き物」として、家に閉じ込めないであちこち自由に動けるようにしているらしい。そんなわけで猫たちには、食物を住民が準備する地域ケアシステムが確立され、どこに居ようと食物の心配は今年の1〜2月まで要らなかった。
ところが、今年になってCOVID-19(新型コロナウイルス)騒動で、地域ケアシステムに異変が起こり、猫も多大のダメージを受けたようだ。人々は感染拡大を防ぐため家に閉じこもり、あろうことか猫に食物を与えることを忘れてしまった。その結果、瘦せ細った猫たちが街を歩く姿をよく見るようになったという。
そんな状況を知ったトルコの大臣がTwitter(?)で猫の窮状を訴えたという。そのニュースがリツイートされ、食物や水を猫に与ことを忘れていた人々の心に届き、猫族はホッとしているらしい。』
それにしても、日本で大臣が自らtwitterで呟くのを聴いたことあるかなぁ。(2020年11月2日)
  • 尾道の猫2/CatsinOnomichi2
  • 尾道の猫2/CatsinOnomichi2
  • 尾道の猫2/CatsinOnomichi2
  • 尾道の猫2/CatsinOnomichi2

  • ここを見た方はこちらにも立ち寄ってます