トップページ 

【サンプル出荷】おのみち朝捥ぎいちじくコンフィチュールの味をお楽しみください。

尾道もの宅配便/OnomichiHomeDelivery > おのみちいちじくコンフィチュールサンプル/OnomichiFigconfituresample

おのみちいちじくコンフィチュールサンプル/OnomichiFigconfituresample


おのみちいちじくコンフィチュールサンプル/OnomichiFigconfituresample
こちらの商品は価格に8%の消費税を含んでおります。
おのみち朝もぎ いちじくコンフィチュールの自信の味をお楽しみいただけます。2本または3本の1セット限定のお申し込みとなります。このサンプル出荷では、(株)ビサン ぜセッションの特製ハガキ(薩谷和夫作/5色刷り)2枚をご進呈いたします。

いちじくジャム作りの尾道市民もいちじくコンフィチュールの味にビックリ!


「尾道産のいちじくは甘くておいしい」とよく言われます。その尾道産のいちじくは、蓬莱柿(ほうらいし)という在来種です。日本では、この種のいちじくの出荷量は尾道が日本一です。
そんなわけで、尾道市民はご自慢のいちじくジャムを作られる方も大勢いらっしゃる。それだけに「いちじくコンフチュールって何?」と尋ねられると、「ジャムのようなものですが....」とお答えすると、私も作ってるからと無関心。そんな方が、このコンフチュールを味わうと、異口同音に「このコンフィチュールの作り方(レシピ)を教えてくれないかなぁ?」。それに対して私はいつもこう答えています。「それは企業秘密です。」
私たちは、尾道ブランドの一環として、2014年からすべてが手作りという敢えて生産性の低いやり方で「おのみち朝捥ぎいちじくコンフィチール」づくりにチャレンジしています。だから、生産本数にも限りがありますが、そんな商いもあって良いと思っています。
いちじくは雨に弱く、数日も雨天が続けば、いちじくの質が低下し、良質のコンフィチュールは生産できません。まさにお天気まかせの期間限定の商品です。
ばるGOCCIの石田誠治シェフの手作りにより、尾道特産のいちじくに、グラニュー糖、レモン果汁、白ワイン、ブランデーを加えて作られた【おのみち朝もぎ いちじくコンフィチュール】は、最後に蓋で密閉され煮沸消毒されます。本商品は、おのみち朝もぎ いちじく本来のおいしさを最大限に引き出した自然派食品です。
おのみちいちじくコンフィチュールサンプル/OnomichiFigconfituresample

コンフィチュールとジャムの違い


ジャム(英語)は「ぎっしりと押し込む」という凝固した形状を意味するもので、多くのジャムがゲル化剤を使用して凝固させています。コンフィチュール(フランス語)は、砂糖や酢あるいは油などに漬けて保存するという目的から生まれた言葉です。このコンフィチュールは添加物を使わず、すべての工程を手作業で仕上げています。存在感のある果肉の甘みがお口のなかでほど良く広がり、さっと切れ味よく消えてゆく、その味わいは格別で、きっと毎朝の食事が楽しくなるはず。ヨーグルトに入れたり、トーストにのせたり、マフィン、スコーン、パウンドケーキなど焼き菓子のソースとしてもお楽みいただける期間限定の逸品です。おのみちいちじくコンフィチュールサンプル/OnomichiFigconfituresample

尾道産のいちじくとは

絵葉書のスケッチを描いた薩谷和夫とはどんな人


東京で生まれ育った薩谷和夫さんは、生前から骨を埋めるのはこの尾道だといわれたほどの尾道ファンだった。彼の世田谷にあったご自宅を訪ねたのは、たった一度切りだが、家の中はまるで尾道の迷路のようで、書籍がびっしりと書棚に収められていたことを思い出す。それは、薩谷さんのご葬儀に出席しての訪問だった。
薩谷さんとは、残念ながら親密な交流はそんなになかったが、手紙のやりとで彼の人柄にふれることができた。尾道市民以上に尾道町のことを熟知されていて、尾道の魅力を理解していた人だった。彼の尾道への愛情は、彼の描いたスケッチ画から溢れ出てくる。
吾輩は、彼にこの絵葉書は美術館で販売できるような出来栄えにしたいと提案したのだが、彼が愛用したフランス製の絵の具は、4色印刷では到底、その奥深い美しい色を出すことはできなかった。そのため、5色の墨を使っての5色印刷で、やっと原画の色合いに近いものが出き、薩谷さんに喜んでいただこうと思ったとき、突然の彼の訃報を耳にすることとなった。 思えば、薩谷さんが仕事の傍ら描かれた尾道のスケッチを目を止めた吾輩が、弊社の企画として12枚の絵葉書制作を提案。海の見える風景も書いて欲しいとお願いし#4のスケッチが付け加えられた。ところが絵葉書の完成間近の1993年1月6日、突然の病魔に襲われ、永遠に帰らぬ人となってしまったのだ。
この絵葉書で、彼の尾道に対する無償の愛情を受け止めていただきたい。

薩谷和夫(映画美術監督)さんの略歴

1935年7月20日生まれ。本籍地東京都赤坂新町。永田町小学校、麹町中学校、明正高校、青山学院文学部入学後、中退。東宝撮影所美術課入社、約18年でデザイナーとなり、大林映画「転校生」の年にフリー(第1作)。
以後、美術監督として、尾道三部作をはじめ、大林宣彦映画監督との仕事が90%を占めた。

<取扱い上のご注意点>


●本製品は、煮沸消毒により瓶の機密性が高く、蓋(ふた)が開けにくくなっています。瓶を逆さまにして、蓋(1.5cm)だけが浸かる程度の沸騰した湯に90秒くらい浸せば、容易に開けることができます。開封後はお早めにお召し上がりください。

<長期保存の方法>


●残りの賞味期限が少なくなり、それでも「クリスマスや年を越し、さらに春すぎでも食べたい」という方には、賞味期限内の未開封のコンフィチュールを瓶ごと冷凍保存してください。食べたいときには、常温(自然)解凍すれば、問題なく美味しくお召し上がりいただけます。
  • おのみちいちじくコンフィチュールサンプル/OnomichiFigconfituresample
  • おのみちいちじくコンフィチュールサンプル/OnomichiFigconfituresample
  • おのみちいちじくコンフィチュールサンプル/OnomichiFigconfituresample
  • おのみちいちじくコンフィチュールサンプル/OnomichiFigconfituresample
  • おのみちいちじくコンフィチュールサンプル/OnomichiFigconfituresample
  • おのみちいちじくコンフィチュールサンプル/OnomichiFigconfituresample
  • おのみちいちじくコンフィチュールサンプル/OnomichiFigconfituresample
  • おのみちいちじくコンフィチュールサンプル/OnomichiFigconfituresample
  • おのみちいちじくコンフィチュールサンプル/OnomichiFigconfituresample

  • 商品の詳細情報


    <品名>おのみち いちじく コンフィチュール
    <内容量>220g×2本
    <内容量>220g×3本
    <賞味期間>製造日より冷暗所で120日
    <保存方法>冷蔵庫での保存
    <原料>いちじく(尾道産)、グラニュー糖、白ワイン、ブランデ−(VSOP)

    製造元・販売元


    ばるGocci 石田誠治 広島県尾道市久保2-12-10
    <販売元>
    株式会社 ビサン ゼセッション
    722-0045広島県尾道市久保3-8-33
    TEL 0848-37-5317 FAX 0848-37-5354
    在庫あり
    買物カゴに入れてレジに行く


    ここを見た方はこちらにも立ち寄ってます