トップページ 

行ってみたかったあの函館がだんだんと近づいて来た。

国内見聞録/Kokunai > 函館ひとり旅2/HakodateTravelingAlone2

函館ひとり旅2/HakodateTravelingAlone2


函館ひとり旅2/HakodateTravelingAlone2

函館山の早回りで、見えた雲丹と蟹の関係


2013年6月13日12:51に到着した函館駅。まずは手軽になろうと駅舎内のロッカーに荷物を放り込み、向かったのは駅を出て右手前方に見える函館市場。「雲丹」三昧と意気込んで入った某店ではあったが、期待のし過ぎか、はたまた吾輩のメニューの見間違いであったか、高価な割に.....。
気を取り直して、次に向かったのは、函館山だ。夜景を楽しめるバスツアーはもちろん予約済みではあったが、昼間の函館の景観も是非見ておきたいと思ってのことだ。駅前のバスターミナルから函館山ロープウェイ駅行きのバスに乗込んだ。函館市場の東側を通り過ぎ、今日泊まるホテル・ラビスタ函館ベイを右手に見ながら、バスはずんずん進んで行き、やがて目的地に到着した。函館ひとり旅2/HakodateTravelingAlone2

10分間隔で運行されるロープウェイに飛び乗り、山頂駅までアッという間の3分間。展望台のガラス越しにカメラを構え、眼下に広がる函館の全景をパチリ、パチリ。「これで夜景を見るのが楽しみだ」と一人ニンマリしながら、たった10分という短い山頂駅の滞在の後、ロープウェイに乗り込み函館山を下った。
ロープウェイ山麓駅の前にあるバス停留所の時刻表を見ると、7〜8分でバスは来るようだ。時間つぶしにロープウェイの駅舎に入り、観光パンフレットを眺めていた。やがて路線バスが来たので乗り込んで、ふたたび函館駅前に向かった。往路は初めての町並みに目玉を左右にキョロキョロさせていたせいか、復路は近道でも走ったのかと思ったほど、アッという間に駅前ターミナルに着いた気がした。
話はガラッと変るが、函館駅に着いたとき、記念にパチリと撮った函館駅前の野外彫刻と、函館市場の某店で撮った毛蟹の写真を並べてみたら、今になってあの赤色のオブジェが蟹に見えて来た。見方を変えれば、すべてが変るとはこのことか。

スピードとは無縁の轟音で走るシャトルバス


さて、この次の目的地はなんといっても五稜郭。バスターミナルには数名の女性案内人がいたので「五稜郭は何番のりばかな?」と尋ねると、もうすぐここに来ますよ、との返事。ラッキーだねぇ。時間の無駄なく移動できることを喜んだ。おまけに五稜郭行きのバスが実にすばらしかった。正確には五稜郭タワー・シャトルバスだが、このバスは昭和34年(1959年)式のボンネットバスで、函館浪漫號という名があるらしい。
とにかく想像以上に凄かった。乗客は吾輩たったひとり。その乗客に運転手君とバスガイド嬢という、すこぶる贅沢なおもてなしである。座り心地は大変刺激的で、ガタゴト飛び跳ね揺れるバスに釣られて、吾輩のカラダ全体もびりびりガタゴト飛び跳ねる。 運転手君は適度の緊張感をもってしっかりハンドル握りしめ、エンジンと車体はそれに応えるように、走るスピードとは無縁の轟音を奏でる。その轟音をものともせず、ガイド嬢はマイクをしっかり持って、何やら案内をしてくれるのだが、吾輩の耳には猫に念仏??いやいや猫に小判か。ほとんど轟音にかき消され聞き取れないのだ。一人であれやこれや思いめぐらし、楽しんでいる内に、五稜郭タワー前に到着した。函館ひとり旅2/HakodateTravelingAlone2

五稜郭タワーから眺める五稜郭と函館山

函館ひとり旅2/HakodateTravelingAlone2
高いところはあまり好きではないが、エレベーターでタワーに昇り、上から五稜郭を眺めた。くっきりとした星形が美しい。その左手には、この後訪れる「六花亭五稜郭店」が確認できた。展望室をぐるりと回り、五稜郭とは真反対の方向には、さきほど上がった函館山が正面に見える。
タワーを降りて、いよいよ五稜郭に入る。武士道と近代の夜明けが激突した最後の戦い、その箱館戦争(五稜郭の戦い)を知るのは、今では往時を偲ばせる石垣だけだろう。五稜郭とは星形の城郭の総称ということらしいが、吾輩にとっての五稜郭とは、唯一この函館の五稜郭だけだ。天空に向かって毅然と聳える松林が武士道の奥義を語るようで印象的だった。
  • 函館ひとり旅2/HakodateTravelingAlone2
  • 函館ひとり旅2/HakodateTravelingAlone2
  • 函館ひとり旅2/HakodateTravelingAlone2
  • 函館ひとり旅2/HakodateTravelingAlone2
  • 函館ひとり旅2/HakodateTravelingAlone2
  • 函館ひとり旅2/HakodateTravelingAlone2
  • 函館ひとり旅2/HakodateTravelingAlone2
  • 函館ひとり旅2/HakodateTravelingAlone2
  • 函館ひとり旅2/HakodateTravelingAlone2

  • ここを見た方はこちらにも立ち寄ってます