トップページ 

尾道町を歩けば猫に当たるわけではないが、路地には実に個性的な柄の猫が……

猫/Neko> 尾道の猫2/CatsinOnomichi2

尾道の猫2/CatsinOnomichi2


尾道の猫2/CatsinOnomichi2

車両整備工場で発見!!野良猫の貴公子


備三タクシー本社(尾道市山波町3101-9)に併設されている車両整備工場の中で、野良猫がうろちょろしているのは知っていたが、初めて対面してびっくりした。
『シンプルな白と黒でコーディネートされたロンゲの装い。まっすぐ見つめるオレンジ色の瞳が印象的だ。これはタダ者ではない!!何ともの言えぬ高貴な品位をほのかに放っている。これはそんじょそこらの野良猫とは違う。猫の貴公子として育てられる運命にあった子猫が、何の因果か不運にも路地裏に置き捨てられた。そこへ通りすがりの優しい猫が不憫に思い、吾が子のように育てあげた…。見るがいい、それを伺わせるように傍らには執事のように黒光りした毛並みの黒猫が付かず離れず居ることからも伺える。これはヨーロッパの某国王室のスキャンダルを彷彿させる出来事かも。』とは、想像たくましき吾輩・路地ニャン公の妄想だ。
と、ここまで書いて、ご紹介したい執事のような黒猫の証拠写真を撮るのを忘れてしまったことに今気付いた。

あれから1カ月は経ったような気がする。何気なくタクシーの整備工場に目をやると、偶然にも黒猫が陽あたりの路上に礼儀正しく座っているのを発見した。吾輩は大急いでiphneを構えて、黒猫に話かけながら近づき、パチリとシャッターを押した。
  • 尾道の猫2/CatsinOnomichi2

  • ここを見た方はこちらにも立ち寄ってます