トップページ 

尾道・朱華園には二代続く創業者がいる

朱華園の中華そば/Shukaen


朱華園の中華そば/Shukaen

中華そばと尾道ラーメンの関係


禅問答ではないが、尾道の老舗ラーメン店には、「尾道ラーメン」はない。
「尾道ラーメン」という名前がこの世に生まれたのは1983〜4年の頃で、名付け親は尾道の「はせべ製麺所」の先代社長である長谷部 貴さんだ。その後、1993年に福山市鞆の浦にある珍味メーカーの阿藻珍味がお土産用に御当地ラーメンを開発し、はせべ製麺所の承諾を得て「尾道ラーメン」の名前を使用し、新聞広告を大々的に行い全国展開したところ、ブレークしたのだ。
尾道にある朱華園をはじめとする老舗のラーメン屋の開業は、ほとんどが1940〜50年代だと思われる。
朱華園の中華そば/Shukaen

朱華園のことを尾道市民は「朱さん」と呼ぶ

朱華園の中華そば/Shukaen
台湾出身の朱阿俊さんが昭和22(1947)年に尾道で屋台の中華そば屋を始めた。それが全国的に知られた「朱華園」の出発点だ。朱華園の店に入ると、食通として知られた作家 檀一雄が、「朱華園」初代店主の中華そば(ラーメン)を食べて感激したという雑誌「旅」の記事を真鍮の銘板に刻みかけてある。
初代の味が多くの尾道人を魅了していただけに、父である朱阿俊さんの他界により、この店を急きょ継ぐことになった二代目・壇上俊博さんは大変だったに違いない。
当時、俊博さんは神戸学院大学・大学院修了後、体調を損ねた父を助けるため帰郷、家業に入ったが、父から何も伝授されていなかった。スープの分析、うまみや塩分の研究、台湾や香港まで出かけての味の探究に明け暮れたそうだ。
初代の時代とは食材も違う。まして、人の味覚も時代とともに変化する。観光客と違って、尾道人にとっては「朱さん」のそばは、日常の食事の選択枝の一つとして定着している。それだけに食べなれた味の微妙な変化には敏感だ。

なかでもオススメはチャーシュー麺と焼きそば


朱華園の中華そば/Shukaen
二代目になって、尾道に訪れる観光客はズンズン増えてきた。全国にご当地ラーメン・ブームが到来した。そのため、土日や祝日になると、朱華園のある薬師堂通りは、尾道ラーメンを求めて観光客が長蛇の列となり、尾道市民は「朱さん」の中華そばが食べられなくなった。
多くの観光客は、朱華園のチャーシュー麺の美味しさを知らない。観光客がモクモクと中華そばを食べている平日、運良く吾輩の主人が店に入れると、ちょっとVIPな気分で注文するのは「チャーシュー麺」だ。初代店主と二代目店主の味を長年食してきた吾輩の飼い主のおススメは、何といっても「チャーシュー麺」だ。
まず初めに、麺を被うように重ねておかれたチャーシューの上に溜まっている少し冷えたスープ、チャーシューの下の熱々のスープの順にれんげで掬って一口二口飲む。そしてスープが絡んだ麺を食べ、次に絶妙な甘味のあるチャーシューを1、2枚食するのだ。あとは気の向くまま麺、チャーシューを吾が口に運ぶ。
この店にはもう一つ、ちょっとボリュームのある「焼そば」もお薦めだ。しかし、この焼きそばも人気が高く、開店1時間もすれば売り切れとなる。この焼きそばの味を言葉では表現しにくいが、この店独特の味付けにはきっと満足されることだろう。ちなみにラーメン店が多い尾道で、自家製麺を作っているのは、この店だけだろう。(2020年6月現在では、自家製麺は一楽ほか数店舗あるという。)
オートマチックに作られる食べ物とは違い、「日によっては不出来のときもあります。そのときは御免なさい!」と二代目壇上さんの率直な弁。尾道人が納得する「朱さん」の中華そばづくりに25年近く経った今も、二代目店主は毎日が真剣勝負だという。朱華園には二代続く創業者がいる。(2002年)

二代目店主の壇上俊博さんの健康上の理由により、「朱華園」は創業72年となる2019年6月19日より長期休業となった。いつか再開されることを願っている。
十四日元町4-12 TEL 0848-37-2077  P2台
営業時間 11:00〜20:00(売り切れ次第閉店)
定休日/木曜、第3水曜日
  • 朱華園の中華そば/Shukaen
  • 朱華園の中華そば/Shukaen
  • 朱華園の中華そば/Shukaen

  • ここを見た方はこちらにも立ち寄ってます