トップページ 

老舗の中華そば、その味を目指して生まれた尾道ラーメンをお届けします。

尾道ラーメン/OnomichiRamen


尾道ラーメン/OnomichiRamen
こちらの商品は価格に8%の消費税を含んでおります。
尾道の老舗の中華そば屋には尾道ラーメンのお品書きはなく、あるのは「中華そば」だ。尾道ラーメンは、老舗の中華そばを真似て作られたもので、初期のご当地ラーメンブームにのって、今や全国ブランドになってしまった。だから尾道ラーメンを食べに尾道に来られる観光客は、老舗の中華そば屋に列をつくり、中華そばを頭の中では尾道ラーメンと思い込んで、食しているのだろう。これは不思議なことだと吾輩は思うのだが、どうだろうか。
尾道には、昔から中華そば(今や総じてラーメンという)好きな人が多い。吾輩は半世紀以上も前から尾道の老舗の中華そばを食しており、その代表格が、朱華園であり、つたふじ、一楽、宮地そばといったところだと思っている。 そんな尾道の「専門店でしか味わえない、あの味を家庭で気軽に味わうことができたら」とは尾道人であれば、誰しも抱く夢。
それではその夢を実現しようではないかと、長年の研究の末、とうとう満足のいくラーメンを完成させた。麺は湯のびしにくい平打ち熟成麺、スープは豚・鶏ガラ・野菜・瀬戸の小魚をベースとしてコクのある厳選醤油で味付けし、豚の背油を浮かせたもの。一度味わっていただければ、「なるほど。うまい!」とうなずくに違いない。おまけに、がんぼう尾道ラーメンのパッケージなどのイラストは、漫画家かわぐちかいじ(尾道出身)と弟かわぐちきょうじの作という尾道のこだわり商品だ。
  • 尾道ラーメン/OnomichiRamen
  • 尾道ラーメン/OnomichiRamen

  • 商品の詳細情報


    <商品名>がんぼう 尾道ラーメン20食
    <品名>生中華めん
    <内容量>3,600g(麺120g×20、スープ60g×20)
    <内容量>1,800g(麺120g×10、スープ60g×10)
    <賞味期間>製造日より冷暗所で30日(枠外右下記載)
    <保存方法>直射日光を避け常温保存
    <めんの原材料名>小麦粉、かんすい、食塩、酒精、クチナシ色素
    <スープの原材料名>動植物油脂(豚肉を含む)、しょうゆ(小麦・大豆を含む)、水あめ、チキンエキス(鶏肉を含む)、砂糖、食塩、魚介エキス、香味油(小麦・牛肉・ごま・大豆・鶏肉・豚肉を含む)、野菜エキス、ポークエキス(小麦・大豆・豚肉を含む)、ビースエキス(牛肉を含む)、たん白加水分解物(乳成分・小麦・牛肉・大豆・豚肉を含む)、デキストリン、酵母エキス、香辛料/調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、増粘剤(加工デンプン)、ソルビット、酸味料、香辛料抽出物、酸化防止剤(V.E、V.C)
    アレルギー物質:乳成分・小麦・牛肉・ごま・大豆・鶏肉・豚肉(27品目中)

    <めん製造元>武田製麺有限会社(広島県府中市上下町井永187-1
    <スープ製造元>寿がきや食品株式会社(愛知県豊明市沓掛町小所189
    <販売元>株式会社ビサン ぜセッション(広島県尾道市久保3丁目8番33号
    TEL 0848-37-5317 FAX 0848-37-5354

    栄養成分表示:1食の総重量180g(めん120g・スープ60g)当たり
    熱  量 564Kcal たん白質:15.5g
    脂  質 20.3g 炭水化物:79.7g
    食塩相当量 8.5g

    <麺の種類>  半生熟成麺
    <麺の太さ>  細○○●○○太
    <麺のタイプ> ひら・半ちぢれ
    <スープの味> 醤油味 淡○○○●○濃
    在庫あり
    点を 買物カゴに入れてレジに行く


    ここを見た方はこちらにも立ち寄ってます